指紋って何?指紋認証って何でするの意味はあるの・・・

【スポンサードリンク】




simonn3


指紋といえば私の好きなサスペンスや海外ドラマでよくある科学捜査の定番ですね。

昔子供の時に渦を巻いてるとかどうとかって友達と比べあったりしました。

私の使っているスマートフォンでは指紋認証します。

ちょっと前までSFの世界でしか無かったような指紋認証がもう生活の中に入ってるんですよね。

パソコンや、キャッシュカードでも指紋が必要な場合がありますね。

元々指紋ってのためにあるのでしょうか?

犬や猫にはありませんよね?

霊長類にしかない指紋

ちょっとなのか不思議に思えてきました。

【スポンサードリンク】

指紋の正体

手の表皮にな沢山のシワ模様が有りザラザラしています。

手の表面はいつも分泌されている無色で透明な汗が付着しています。

手のひらの表面は、いつも汗口から出される汗によって湿っています。

これは、毛の無いての皮膚を守るためと、物をつかみやすくする作用があるのです。

手がものに触れると、この分泌物は、触れたものに移動して付着します。

まるで、版画(シワ模様)と汗(インク)の関係と同じように。

触ったものに模様が付きます。

これが指紋の正体です。

simonn4

指紋がつくわけ

もし指紋の正体が汗なら、1時間もすれば蒸発して消えてなくなります。

ですが、昨夜触ったガラスのコップを次の朝見てみると、指紋がくっきり!

何故でしょう?

指紋の成分は何なのでしょうか?

そこで指紋の成分を化学的に調べてみました。

すると指紋の成分の正体は脂肪分(油分)だったのです。

次に手のひらから分泌される汗を調べてみました。

その結果手のひらから分泌される汗は、99%以上の水分と1%未満の塩分しか、検出できませんでした。

これだけでは指紋はすぐに蒸発してしまい、ものに付きません。

脂肪分(油分)はどこから手のひらに来たのでしょうか?

そこで人体の皮膚をくまなく調べてみました。

人の皮膚には毛が生えていますよね?

頭や腕、脚、あらゆるところに毛が生えています。

この毛が生えている皮膚の汗を調べてみると、98%の水分、後の2%には塩化ナトリウム・カリウム・カルシウムなどの無機成分たちと、乳酸・アミノ酸・尿酸たちの有機物達と極めて微量な遊離脂肪酸・ろうエステル・ビタミンなどが検出されました。

これらの成分たちは毛穴から分布つされていたのでした。

汗の出口の汗口から出てくる水分と毛穴から分泌される成分により、人の皮膚と人の毛はまるで鎧のように守られているのでした。

では何故指紋から脂肪分が検出されたのでしょうか

それは、人の手の運動(動き)によって運ばれてきたのです。

人の手は、顔や首、腕や足といった毛の生えている部分にある脂肪を触ることによって、指先に脂肪分が運ばれてくるのです。

では、なぜ人は毛の生えている部分を手で触るのでしょうか?

人を含む手を使う動物は、手で身体を触り、異変がないかを確認していとされています。

犬や猫が舐めて毛づくろいをするように、人は身体を手で触り異常がないかを確認していると言われています。

体に痛みがある時、自然に手でその箇所を探し押さえていませんか?

この動物的行動が、元となって「手当て」という言葉が生まれました。

つまり人は動物的本能によって、手のひらに脂肪分が運ばれてくるのです。

そして指紋はものに付くことになるのです。

指紋認証の仕組み

simonn2

指紋は「隆線」と呼ばれる縞模様からなります。

この隆線には切れているポイントと分岐しているポイントがあり、切れているポイントは「端点」、分岐しているポイントは「分岐点」と呼ばれます。

そしてこのような隆線の「端点」「分岐点」を得微量として利用する照合方式が一般的です。

しかし得微点の位置と方向の情報だけでは偶然に一致する可能性があります。

そこでより照合制度を高めるため、「リレーション」という情報を付加することにより、精度をあげています。

※リレーションとは、ある得微点と得微点の間を横切る隆線の数の情報を指します。

simonn1

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ