仕送りの相場とは、平均はいくら位【大学生の生活は大変なの】




siokuri2

仕送り・・したことないですけど、みんなよくできるなぁって思いますね。

仕送りをして大学に行かせるのは世界的に見て珍しいとか。

みんなバイトしながら行くのが当たり前だそうです。

仕送りの相場っていくらぐらいなんでしょうか。

全国平均っていくらぐらい?

大学生も日本は入るのが大変で出るのはそんなに大変じゃないって言われてるんだから少々働いて自立をするべきだとは思いますが、いろいろとあるんでしょうね。

子供が大学生になったからって給料が増えるわけじゃないから、準備は前々からしておかないと・・・ですね。

親御さんには気になる全国平均相場

調べてみましょう・・・レッツ仕送り

【スポンサードリンク】

一人暮らしの大学生、生活に何が必要?

一人暮らしをしている大学生は、生活費がどれくらいかかっているのっでしょう。

一体どのような項目に、どれくらいの金額がかかるのか。

そして親はいくらくらいの金額を仕送りしているのでしょうか。

まずは生活費全体を考えてみましょう。

一人暮らしの大学生の生活

全国大学生協連の2014年の調査を見てみましょう。

第50回学生生活実態調査によると、下宿生の生活費の平均は下記のようになっています。

・家賃      52.630円

・食費      24.480円

・交通費      3410円

・教養娯楽費    8600円

・書籍費      1950円

・勉学費      1520円

・日常費      5610円

・電話代      4030円

・その他      2420円

・貯金・繰り越し  12.310円

これらの項目が支出となっており、合計金額は116.960円です。

貯金を抜いて考えても104.650円と、10万円を超えています。

全国区平均がこのデータなので、東京の大学に通う学生の場合はもっと支出が多くなりますね。

都内の大学に通う大学生の生活費

東京の大学に通っている場合を考えてみましょう。

東京23区の家賃の相場

一人暮らしの大学生が住む部屋の家賃の相場を調べてみました。

23区内はやはり平均よりも高いですね。

管理費込みで6万円を超えています。

・23区内 平均家賃   58.950円

・23区内 平均管理費   2.953円

・合計金額        61.903円

siokuri3

先ほど紹介したデータよりも約1万円高いですね。

女子大生で「セキュリティ面もしっかりした部屋がいい」となれば、その分家賃はさらに上がります。

光熱費・水道代の平均

家計調査の2014年度の平均値を見てみましょう。

大学生というカテゴリーはないので、単身世帯の平均です。

先ほどの生活費の日常費は6.000円以内で収まっていたので、実際の大学生はもっと少ない金額でやりくりが出来ているのかもしれません。

・電気代   5.715円

・ガス代   3.412円

・水道代   2.074円

しかしながら、いわゆる毎月固定でかかる金額だけで73.000円です。

結構な出費ですよね。

【スポンサードリンク】

アルバイトの収入ってどのくらい?

大学生もアルバイトをしてお金を稼いでいます。

一人暮らしの大学生がアルバイトで稼ぐ額の平均は25.560円だそうです。

リクルートジョブズが2015年に発表した三大都市圏のアルバイトの平均時給は959円

1日3時間働いたとして8日程度の勤務が必要になります。

1年目は授業もあるし、サークルや友人との時間も考えると、アルバイトの収入はこのくらいなのかも?

仕送りの平均はいくら?

それでは、実際に親は一人暮らしの大学生の子供に平均いくら仕送りをしているのでしょうか。

全国生協連の調査では70.140円となっていました。

子供もアルバイトをしているとはいえ、毎月7万円を卒業するまで送り続ける親も大変です。

4年間で336万円!

親は大学生の一人暮らしの子供へ、いくら仕送りをすればいい?

東京の場合で考えてみましょう。

一番最初のご紹介した生活費(支出)の合計金額は116.960円、貯金分を抜いたら104.650円でした。

東京の大学の場合は家賃が1万円程度高くなりますので、毎月11万5.000円は必要になりそうです。

・1か月に必要なお金:11万5.000円

・アルバイト収入:2万5000円

・差額:9万円

あれ?平均は約7万円でした。

どういうことでしょうお?

実は多くの学生が奨学金を得て、それを生活の足しにしているんです。

学生からしてみると、奨学金はお金を得るための一つの方法かもしれませんが、親からすると実家の家系を助けてくれているという一面もあるということでしょうか?

逆に奨学金がないと9万円程度の仕送りが必要になるということ。

お子さんが春から大学生というご家庭は奨学金について真剣に話し合った方がよさそうです。

大学生の生活費や仕送りまとめ

どのエリアの大学に進学するかによって、大学生の生活費や仕送り額は大きく変わります。

調査データなどを参考にすると東京の大学生の1か月の生活費は11万5千円程度、仕送りは7万円が平均ということでした。

とはいえ、楽しい大学生活です。

友達とご飯を食べたり、旅行に出かけたりもしたいですよね。

簡単に出来る節約などを取り入れながら楽しい大学ライフを送りましょう。

siokuri1

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ