睡眠不足はメタボに【肥満】!ナポレオンもメタボだった?!




よく言われますよね、睡眠不足はちゃんと眠った時に消費されるはずのカロリーを消費しないので、備蓄してしまって肥満になり、メタボになると・・・・。

睡眠って大切なんですね。

眠っている間に新しい細胞も生まれるし。

健康にも本当によくない、睡眠不足

ちゃんと眠るっていうのが意外に難しいということが解ります。

メタボ肥満にならないためにも、気持ちのいい睡眠をとるにはどうすればいいか調べましょう。

睡眠不足で太る!肥満、メタボに気を付けろ!

不眠症で寝つきが悪かったり、夜中に目が覚める回数が増えると、睡眠不足になりがちです。

睡眠不足になった時の影響として、怖いものの一つに「太りやすくなる」というものがあります。

肥満やメタボリック症候群の原因は食生活や運動不足が主だと思われがちですが、実は睡眠不足も大きな原因になっています。

ダイエットをしているのに、なぜか痩せられない・・・。

そのような場合、睡眠不足になっていないか気にしてみましょう。

【スポンサードリンク】

睡眠不足だと肥満になることは研究から明らか!

睡眠不足が肥満の原因となることは、いくつかの実験から明らかになっています。

例えば海外の研究ですが、睡眠時間が7~8時間とれている人と比較して、5時間睡眠の人は肥満度が50%もアップしているという結果が出ています。

されにそれよりも短い4時間以下の睡眠時間になると、7~8時間の人と比較して肥満度が73%上昇するようです。

睡眠時間を削って仕事や勉強、自分磨きに励むという人も多いですが、こうしたデータを見るとあまりお勧めできることではないですね。

睡眠不足で太りやすくなるのはなぜ?

それでは、睡眠不足になると太りやすくなるのはなぜなのでしょうか。

それは、運動量の低下と、ホルモンバランスの乱れの2つが原因となっています。

運動量の低下で太りやすくなる

これは実感として判り易いと思います。

寝不足の時はなんだか体を動かす気がしませんよね。

少し歩いたりするのもおっくうになりがちで、運動量が少なくなります。

そうすると、身体の代謝が悪くなるので、エネルギーの消費量が減ってしまう訳です。

それが、肥満の原因となってしまうのですね。

ホルモンの影響で太りやすくなる

また、睡眠不足になると、食欲に関係するホルモンの分泌部に影響が出てしまいます。

1つはグレリンというホルモンです。

グレリンは胃から分泌されるホルモンで、食欲を増進させる働きがあります。

睡眠不足になると、このグレリンの分泌量が増加するため、食欲が出てしまう訳です。

私も経験がありますが、徹夜などで寝不足の時に、なぜか牛丼とかラーメンとかが食べたくなるんですよね。

これはグレリンの影響だったようです。

また、もう1つ、レプチンというホルモンも、食欲に影響を与えます。

レプチンは脂肪がたまると分泌されて、これ以上脂肪を摂らないように、食欲を抑える働きがあります。

ですが、睡眠不足だとレプチンの働きが弱くなるので、食欲が抑えられなくなり、ついつい食べ過ぎてしまう訳です。

このように、睡眠不足だとグレリン、レプチンというホルモンのバランスが乱れるため、肥満になりやすくなってしまいます。

ホルモンに関しては自分でコントロールすることはできませんから、肥満を防ぐためにも、睡眠不足には気を付けましょう。

睡眠不足になると食欲をコントロールするホルモンのバランスが乱れるので、肥満になりやすくなります。

特に、問題なのがメタボリック症候群です。

メタボになってしまうと、睡眠時無呼吸症候群いなり、それが余計に肥満を招くという悪循環に陥ってしまう可能性があるのです。

睡眠不足→メタボリック症候群→睡眠時無呼吸症候群

睡眠不足によって肥満になってしまった場合、怖いのがメタボリック症候群です。

メタボは糖尿病などを発症する可能性が高くなるなど、それだけでよくないのですが、問題なのは睡眠時無呼吸症候群を併発しやすいことです。

睡眠時無呼吸症候群とはこんな恐ろしい睡眠障害

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が止まったり、呼吸がしづらくなり、脳に酸素が十分に届かなくなる病気です。

睡眠中にいびきがひどかったり、寝息が止まる瞬間が何度もある場合には、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

【スポンサードリンク】

睡眠時無呼吸症候群の主な原因は、肥満

この睡眠時無呼吸症候群の主な原因に肥満があります。

肥満になると喉の周りに脂肪がついてしまい、それが寝ている時に呼吸の通り道を塞いでしまうのです。

実際にあるデータでは、睡眠時無呼吸症候群の男性の半数近くは、メタボリック症候群であるとされています。

睡眠時無呼吸症候群→睡眠不足→メタボリック症候群→・・・

そして、睡眠時無呼吸症候群になると、かなりの睡眠不足に悩まされることが多くなります。

ちゃんと睡眠時間は確保しているつもりでも、呼吸がうまくできていないので、眠りが非常に浅くなっています。

そのため、日中にも強い眠気があるなど、慢性的に睡眠不足な状態が続いてしまうのです。

恐ろしい悪循環の完成

そして、先ほど説明した通り、睡眠不足になるとさらに肥満になりやすくなります。

ここで、

睡眠不足→メタボ→睡眠時無呼吸症候群→不眠症→睡眠不足→・・・・

という、恐ろしい悪循環が出来がってしまう訳なのです。

メタボリック症候群という診断をされていない人でも、太り気味の人は同様の悪循環にはまってしまう可能性があります。

肥満が気になる人は、まずは睡眠時間を確保することから始めましょう。

ダイエットをするには、まずは睡眠を見直すことから!

ここまで、睡眠不足が肥満を招くことを説明してきました。

ですので、肥満気味の人がダイエットをするには、まずは睡眠不足を解消することが大切です。

ダイエットには食事を控えたり、運動をしたりということが王道ですが、それ以前に睡眠不足になっていたら、痩せるのは難しくなってしまいます。

実際に、太る原因の一つとしてお酒がありますが、お酒よりも睡眠不足の方が肥満の原因としては大きいのです。

ですので、ダイエットをしたい場合には、まずは睡眠時間を確保することを考えましょう。

睡眠時間が十分に取れれば、グレリンやレプチンと言うホルモンが正常に働くので、食欲も自然と抑えられます。

是非『ダイエットには睡眠』をキーワードとして覚えておいてもらえたらと思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ