奨学金とは、多彩な奨学金制度を徹底解剖【給付型、貸与型・・色々出てくるぞ】




syougakukinn3

今地味に話題になっていますね。

奨学金、実はうちの息子も借りて私学に行ったのですが、なかなか返せなくて、返済の電話がすごくて困ってますね。

今の社会情勢から考えたら、若者貧乏ですからね、生きるの精いっぱいで・・・だいたいお金があったら借りてないんですよね。

制度的にもそのあたり見直すか、もしくは給料から差し引くか、そういうことをしないと返済率上がらないと思います。

奨学金とは学校に行って勉強したいんだけどお金がないから貸してくださいってお金ですよね。

卒業したら当然職について・・という半世紀ほど前の時代ではありません。

多彩な職業はありますが、働いている、職に就いていること自体が良かったねって時代です。

奨学金制度にももう少し多彩な返済方法を作るか、あきらめるか・・・・。

今の奨学金とは、今の時代には即していない制度だと感じます。

【スポンサードリンク】

奨学金制度とはどんなもの?

大学などの学費負担に大きな助けとなる奨学金制度、

そもそも奨学金とはどのようなものか、制度の概要を知っておきましょう。

奨学金制度とはどんなもの?

奨学金制度は、学習意欲のある学生に対し、学費や生活費を給付または貸与することにより、経済的負担を軽減するための制度です。

「給付」される奨学金は、支給された奨学金を変換する必要がありませんが、「貸与」された奨学金は、一定期間内に返済しなければなりません。

貸与型の奨学金の代表的なものに、日本学生支援機構の奨学金制度があります。

なお、平成17年度の以降、高等学校(中等教育学校の後期課程、特別支援学校の高等部を含む)に対する奨学金事業は各都道府県に業務が移管されています。

大学では給付型の奨学金が増加

最近は、「給付型」で返済不要の奨学金も増える傾向にあります。

特に大学は、少子化が進む中、少しでも良い学生を集めたいと、独自に給付型の奨学金を充実させる傾向にあります。

また、受験前に申し込んでおいて、合格すると奨学金の給付も決まる、「予約給付型」の奨学金にも注目が集まっています。

資金的に厳しい学生にとっては、ありがたい奨学金と言えます。

日本学生支援機構の奨学金制度

大学生、短大生の約3割(平成24年度は134万人)が利用しているのが日本学生支援機構の奨学金。

第一種奨学金(無菌りたいよ)と第二種奨学金(有利子貸与)があり、成績と家庭の収入に条件があります。

奨学金の貸与を受けるには、連帯保証人や保証人を選任する人的保証制度と、一定の保証料を支払うことで奨学金の貸与を受けることが出来る期間保証制度のどちらかを受けなくてはならず、申込時に選択することになります。

syougakukinn2

大学進学の際には、高校3年の間に申し込む予約奨学金もあります。

★第一種奨学金

無利子貸与

対象は、高等専門学校、短期大学、大学、大学院、専修学校(専門課程)の成績優秀で経済的な理由により就学困難な生徒、学生、大学の場合、高1から申し込み時までの成績の平均が3.5以上等の条件をクリアすれば申し込めます(採用は審査による)

★第二種奨学金

有利子貸与(年利3%が上限。在学中は無利子)。

対象は、高等専門学校(4.5年生)、短期大学、大学、専修学校(専門課程)の第一種奨学金よりゆるやかな基準によって先行された生徒・学生。

【スポンサードリンク】

地方自治体の奨学金制度

都道府県や市区町村によっては、独自の奨学金制度を用意しているところもあります。

利用するには、奨学金を支給する地方自治体に保護者が住んでいるか出身者であること等が条件です。

地方自治体によって、貸与が給付か、学力基準や所得制限、申込磁器、ほかの奨学金との併用が出来るかなど、条件は異なります。

財政状態の厳しさからか、近年は奨学金事業から撤退する自治体もあります。

興味がある場合、該当するものがあるかどうか、都道府県や市区町村で確認してみましょう。

大学独自の奨学金制度

多くの大学で、独自の奨学金制度を用意しています。特に給付型や予約型が増える傾向にあります。

syougakkukinn2

平成16年に国立大独立行政法人化が行われて以降は、国立大学でも独自の奨学金を用意するところが増えています。

大学によっては、経済面の基準がなく、純粋に成績優秀な学生を対象にした特待生制度などがあるところも。

特別入試の結果で支給が決まる場合と、入試の結果、成績が優秀な学生に支給する場合があります。

各大学の入試案内やサイトの情報でも確認することが出来ます。

民間育英団体や公益法人による奨学金制度

企業や個人が設立した民間育英団体や、公益法人が設立した奨学金制度もあります。

団体や法人側から学校に対して奨学金を申し出る形になっているため、学校によって利用できる奨学金の内容も数も異なります。

このタイプは8割が給付型で、学校が推薦した学生を育英団体が審査する形で、受給者が選ばれます。

大学は、国公立、私立を問いません。

学校を通じて申し込むことが出来ます。

その他の奨学金制度

他にも次のような奨学金制度があります。

興味のある人はチェックしてみましょう。

・新聞奨学金制度

朝日新聞・読売新聞・日経新聞・毎日新聞・産経新聞

・交通遺児育英界の奨学金制度

・防衛省「貸費学生」

syougakukinn1

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ