祝日・祭日の違いを調べてみた・・思わぬ結果にドキッとした




syukujitu2 

私達が日々なんとなく過ごしてしまっている、祝日・祭日

どういう日が祝日で、祭日とどう違うのでしょうか?

今まで考えてみたこともなかったので、今回調べてみました。

厳密には、昭和22年(1947年)皇室祭祀令が廃止される以前には「祭日」がありましたが、今は「祭日」というのは存在しないようです。

ちょっと驚き!尚、「祝祭日」という呼び方も、俗称ということです。

なんとなく使ってた当たり前の事が実はこんなことになっていたとは!

カレンダーを見る時も気持ちが変わりそうです。

でも、今回は「祝日」と「祭日」の違いについて調べるということなので、どう違うのかというのを解説します。

【スポンサードリンク】

祝日とは

国にとって大切な出来事があったのを記念する日・功績のあった人にちなんだ日。

今は3種類の祝日があります

国民の祝日・振替休日・国民の休日。

  • 国民の祝日とは、国が定めた仕事や学校を休む日。
  • 振替休日とは、日曜日などに祝日が被った場合に代わりに休みになる日。
  • ・国民の休日とは、祝日では無いのだけれど休みになる日。

何だかわかりにくいようなややこしいですね。

祝日を紹介しましょう

祝日を紹介します

  • 元日(1月1日)
  • 成人の日(1月の第2日曜日)
  • 建国記念日(2月11日)
  • 春分の日(3月19日~22日)
  • (天皇誕生日)みどりの日、昭和の日(4月29日)
  • 憲法記念日(5月3日)
  • こどもの日(5月5日)
  • 海の日(7月第3土曜日)
  • 山の日(8月11日
  • 敬老の日(9月の第3月曜日)
  • 秋分の日(9月22日~24日)
  • 体育の日(10月第2月曜日
  • 文化の日(11月3日)
  • 勤労感謝の日(11月23日)
  • 天皇誕生日(12月23日

振替休日、国民の休日は不定。

一番最近の国民の休日(祝日)は皇太子徳仁親王の結婚の儀(1993年6月9日)でした。

【スポンサードリンク】

祭日とは

祭日とは、祭りという字が示す通り、宗教的な大切な儀式をする日です。

日本で宗教といえば、古来からの八百万の神、神道を指します。

神社で行われる神と人間を結ぶ儀式を祭祀と言います。

一番大切な祭祀を行うのは皇室です。

豊作や国家安全などを祈ります。

今は、祭祀を行う祭日を休日にする事は廃止されています。

戦後、敗戦国となった日本は沢山の行事を変更せざるを得ませんでした。その中で祭日を休日にすることも廃止されたのです。

祭祀を皇室が担っていることを知らない人もたくさん居るでしょう。

その中でも天皇は、即位する時に「大嘗祭」で神と寝食をともにする儀式を行います。

祭日だった日を紹介しましょう

大祭日

【期日が決まっているもの】

元始祭(1月3日)・紀元節祭(2月11日)・神武天皇祭(4月3日)・神嘗祭(10月17日)・新嘗祭(11月23日~24日)

【期日の定められていないもの】

春季皇霊祭・春季神殿祭(春分の日)・秋季皇霊祭・秋季神殿祭(秋分の日)・先帝祭(先帝の崩御日)・先帝以前3代の式年祭・先后の式年祭・皇妣たる皇后の式年祭。

小祭日

天皇自らが礼拝し、掌典長が祭礼を行う日

【期日の定まっているもの】

歳旦祭(1月1日)・祈年祭(2月17日)

【期日の定まっていないもの】

賢所御神楽(12月中旬)・天長節祭・今上天皇の誕生日(12月23日)・先帝以前3代の例祭・先后の例祭・皇妣たる皇后の例祭・綏靖天皇以下先帝以前4代に至る歴代天皇の式年祭

祝日祭日の違いを調べてみると、全く知らなかった日本の事がわかります。

毎年気になるのはゴールデウィークの長さとかですけどね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ