春節とは、旧正月って何?【中国と台湾づ違うを探ってみた・・・】




日本は太陽暦でお正月をお祝いしますが、中国・台湾の方々は太陰暦(旧暦)でお祝いしますので、春節と呼ばれていますね。

春節と言えば、私は勝手に月餅を思い出してしまうのですが、さすがに食欲すごいです。

旧正月を祝うものすごい熱気が隣国の日本にも伝わってきますよね。

民族大移動でも有名ですよね。

中国・台湾の皆さんは実家に向けてお土産を抱えて大移動。

とてもすごい混雑ぶりが毎年報道されていますので、驚いています。

春節・旧正月のイメージのもう一つは爆竹。

賑やかに破裂させますよね。

あれも新年か来た!って盛り上がりますよね。

【スポンサードリンク】

日本とはひと味違う、中国のお正月「春節」の様々な風習

春節とは中国の三大節供(春節・端午節・中秋節)のひとつで、旧暦の元旦(旧正月)のこと。

旧暦のため、春節の期日は年によって変わりますが、毎年おおむね1月半ば~2月半ばの期間となります。

中国では新暦の正月(新正月)よりも春節を盛大に祝う習慣があり、年が明けると獅子舞や龍舞とともに爆竹を打ち鳴らし、今年一年の無病息災と五穀豊穣を祈ります。

日本のお正月とはひと味違う、中国の様々な春節の風習をご紹介します。

年越し餃子を食べて金運アップ!

日本で年越しと言えば「年越しそば」ですが、中国の東北地方では大晦日に家族そろって「年越し餃子(更歳餃子)」をたくさん作り、水餃子にして食べます。

餃子の中には縁起を担ぐいろいろな具が混ざっていて、自分が食べた餃子に入っていた具で1年の金運や健康運を占うという、ちょっと楽しい食べ方もあるそうです。

餃子のあの独特な形状は、中国の昔のお金「元宝」の形がルーツを言われています。

そうしたことから、春節やお祝いの席で餃子を食べて「金運に恵まれますように」と演技を担ぐ習慣が広まりました。

ちなみに、中国ではコメと同様に小麦も主食と考えていますので、餃子を食べる時はご飯や麺類を食べません(皮や麺に小麦粉を使っているから)。

その代り、餃子を一人でいっぺんに30~40個も平らげるそうです。

ですから、日本で定番人気の「餃子ライス」や「ラーメン&餃子」というメニューは、中国では「主食+主食」なので本当はありえないとか・・・。

【スポンサードリンク】

吉祥を祈願する春節の飾り物

中国には実に多くの吉祥シンボルがあり、縁起に関わる物事や事象が、身の回りの品々や生活の中に深く浸透しています。

同様に、春節の行事や飾り物にも、新しい年の吉祥を祈願する縁起物がいろいろと使われています。

【爆竹】

春節や店舗開店などを祝って盛大に焚かれる爆竹は、中国ならではの風習としてよく知られています。

爆竹には魔よけの意味があり、その昔、竹を割って火に投げ入れ、災禍をもたらす怪獣を追い払ったという伝説から、厄を払う縁起物として用いられるようになりました。

【赤い提灯】

中国の多くの家庭では、春節から旧暦正月15日の「元宵節(げんしょうせつ)」にかけて、赤い色の大きな提灯(灯籠)を灯します。

大きな提灯は「繁栄と幸運」を意味し、赤は「服を招く最高におめでたい色」とされています。

【金柑の木】

中国では日本の門松に当たるのが金柑の木です。

沢山の実を付けた金柑の木を、家の玄関やベランダ、店頭などに飾り、木の枝には「紅包(ホンパオ)」という赤いご祝儀袋を下げます。

中国語で「金柑」は「金桔」と書きますが、金は「財」、桔は「吉」を意味することから、金柑は「吉祥と富をもたらす縁起のいい木」とされています。

【逆さの「福」の文字】

中国の昔からの風習で、部屋のドアや壁に「福」の文字を逆さにして貼ります。

中国語で逆さを意味する「到(いたる)」とかけて、逆さにすると「天から福が落ちてくる、福にいたる」となる訳です。

中国の小正月「元宵節」

春節から15日目の「元宵節」は上元節・灯籠節とも呼ばれ、旧暦新年最初の満月の日にあたります。

この日は街中に提灯や灯籠を灯して、元宵団子と呼ばれる餡入りの団子を食べるのが昔ながらの風習となっています。

各地では元宵節を祝う提灯祭りや獅子舞などのイベントも行われ、15日間にわたる春節期間の行事はこの日をもって終了します。

この中国ならではの華やかな春節は、ここ日本でも体験することが出来ます。

春節期間中、横浜や神戸、長崎の中華街では、春節をお祝いする多彩なイベントが開催されます。

是非この機会に中華街へ足を運んで、今年二回目のお正月気分を味わってみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ