タバコの害って!【受動喫煙って危ないの】百害あって一利なし・・・




041456e05155be3bf69549fda96eba0f_s

最近はタバコを吸う場所などは仕切られたところであったり、禁煙になっていたりと以前に比べてタバコを吸う人にとっては肩身が狭くなりつつあります。

やはりタバコが大きく取り上げられているからなのでしょう。

わたしはタバコを吸いませんし、周りでタバコを吸うひともほとんどいないのですが、外出した時に気になるのが受動喫煙の存在です。

近くでタバコを吸っている人がいると気分が悪くなってしまうことがあります。

受動喫煙タバコを吸っている本人以上に周囲の人にを与えてしまうものです。

今回は 『タバコの害って!【受動喫煙って危ないの】百害あって一利なし・・・』ということについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

タバコにはこんなに害がある

想像以上にタバコって害があるのです

  • タバコに含まれる有害物質
  • 喫煙が原因で引き起こす疾患

【タバコに含まれる有害物質】

タバコは熱することによりタバコの葉に含まれている有機物質が熱分解され、煙となって放出されます。

そのタバコの煙には4000種類もの化合物が含まれており、その中でも 発がん性促進物質が約200種類、発がん性物質は約60種類にものぼります。

その中でも 特に有害とされているものがニコチン・タール・一酸化炭素の3つです。

ニコチン

一番耳にするのはニコチンではないでしょうか。

ニコチンの恐ろしいところは、その中毒性、依存性の高さにあります。

中毒性が高いといわれている物質を依存性になる人の割合でみてみると、その低い順から、カフェイン→アルコール→コカイン→ヘロイン→ニコチンとなるのです。

麻薬であるコカインやヘロインよりもニコチンの方が依存症になりやすいなんて驚きです。

また、コカインよりも禁断症状が強く、コカインやヘロインと同じくらいやめることが難しいとされています。

そしてこのニコチンは、成人における致死量は30mg~60mgです。

タバコ1本喫煙した時のニコチン量は3mg~4mgですが、タバコそのものには10mg~20mg含まれているため、 小さいこどもが誤って口にしてしまうと大変危険なものになります。

タール

タールには多くの発がん性物質が含まれています

タバコを吸った後にフィルターにつく茶色い物質がタールなのですが、タールは身体から排出されずに溜まっていきます。

一酸化炭素

一酸化炭素は身体に取り込むとヘモグロビンと結合しやすいために十分に酸素を全身に送り込むことができず、酸欠や息切れを引きおこします

一酸化炭素は身近なもので何に含まれているかというと、 排気ガスです。極端な話になってしまいますが、タバコを吸うことは排気ガスを吸うのと同じこと・・・そう考えるとますますタバコの害の恐ろしさがわかってきました。

【喫煙が原因で引き起こす疾患】

喫煙によっておこるデメリットはたくさんあります

長い期間喫煙していると、さまざまな疾患を引き起こしやすくなります。

その中でも特に問題なのが 『ガン』『慢性閉塞性肺疾患』『虚血性心疾患』の3疾患です。

虚血性心疾患の原因のひとつに動脈硬化がありますが、喫煙は動脈硬化の原因のひとつなのです。

喫煙により呼吸器に大きな負担をかけることになります。肺ガンや慢性閉塞性肺疾患はその表れです。

【スポンサードリンク】

タバコの受動喫煙

受動喫煙は喫煙者以上に害を受けます

  • 受動喫煙とは?
  • 受動喫煙が与える影響
  • 受動喫煙から身を守ろう

【受動喫煙とは?】

タバコの煙 喫煙者が吸い込む『主流煙』、主流煙に対して直接出てくるタバコの煙である『副流煙』、喫煙者が吐き出す『呼出煙』の3種類に分類されます。

このうち副流煙と呼出煙を元として有害物質を含んだ環境たばこ煙に曝露されて、自分の意志とは関係なく吸わされること 受動喫煙といいます。

91cc6fb398dd4d47ea605774b62fdba2_s

【受動喫煙が与える影響】

副流煙はなんといっても主流煙と比べ有害物質の量が多いことが有名ですね。

ニコチンは2.8倍、タールは3.4倍、一酸化炭素は4.7倍にもなります。また、アンモニアは46倍、発がん性物質のベンツピレンは3.4倍、ニトロソアミンは31倍、ホルムアルデヒドにいたっては50倍にもなるそうです。

すぐに現れる影響

目がしみる、目やのどの痛み、咳や心拍数の増加などがあります。

煙を吸い込んでいるので、即座に症状は現れます。

長期的に見て現れる影響

がん、肺・呼吸機能の低下、脳卒中、心筋梗塞、動脈硬化などが挙げられます。

肺がんになる女性の半分は夫が喫煙者であるといわれています。

また、肺がんをはじめとして乳がんや副鼻腔がん、脳卒中や心疾患も喫煙者の夫を持つ女性の発症率が高いようです。

妊婦や胎児、新生児に現れる影響

受動喫煙によって、流産や死産、早産、出生時の低体重、乳幼児突然死症候群などをひきおこす可能性があります。

どれもとりかえしのつかない、非常に重い症状です。

乳幼児においても呼吸器系に影響を受けやすく、中耳炎や気管支炎などをおこすことがあります。

また、こどもの脳の働きに大きな影響を与えることがわかっており学習能力の低下や注意集中力の低下を招くことがあるそうです。

【受動喫煙から身を守ろう】

受動喫煙から身を守るためには、自分から行動することが必要かと考えられます。

喫煙中の人に近付かない・吸い終わった直後であっても会話は避ける

タバコを吸い終わった口の中にはまだ煙が残っています。自分からすすんで受動喫煙をする必要はありませんね。

完全禁煙の施設を利用する

飲食店など分煙化されているスペースもありますが、完全に区切られているという所は少ないものです。

飲食店であれば完全個室の利用で受動喫煙を防ぐことはできます。

近年は公共施設などは完全禁煙の場所が多くなっていますね。 このような場所であれば、自分もですがこどもにとっても安全です。

換気扇は安全ではない

換気扇の下でタバコを吸っていれば大丈夫、なんて思っていませんか?大丈夫ではないですよ!

実は、主流煙は上(換気扇のところ)にいくのですが、副流煙は温度が低く下にいくのです。

床には副流煙の有害物質がついています。その上を歩くと、部屋中に有害物質を巻き散らかすことになります。

禁煙をすすめる

これができれば、悩むことは減ります。

喫煙者のパートナーがいるならば、受動喫煙の害について知ってもらうことが大切です。

563f9bacca93bd3b070af7deec18c31e_s

いかがでしたか?

家に喫煙者がいるのといないのでは、環境が全く違うものなんですね。

わたしの家は喫煙者がいませんのでクリーンだと思いたいですが、実は昔の勤め先は喫煙者だらけの場所でした。今頃なんらかの影響がでてきてるのかな?なんて不安になってきました。

タバコは嗜好として少したしなむ程度ならよいのかもしれませんが、自分以上に周囲に、特に大切な家族に大きな害を与えているということを忘れてもらってはいけないなと感じました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ