大安の意味を知る。【大安吉日は意味があるのか】?




大安画像

大安の意味とは何をするにおいても吉日とされる。
大安には成功すると言う意味がある。

大いに安し」という意味もある

しかし【大安】のこの日には、何もするべきではないと言う説も有ります。

現在では、「大安」に結婚式が最も多く行われているようです。

「たいあん」が一般的な読みだが、「だいあん」とも読むことも有ります。

以前は「泰安」と書かれたため、「たいあん」んが本来の読みということになる。

【スポンサードリンク】

大安とは六曜の中の一つである

六曜の中でも最も吉日とされ 移転、結婚、開店、旅立ちなどに最適と言われています。

六曜は中国で生まれたと言う事です。

しかし、いつからと言うのは定かではありません。

諸葛孔明が使い出したなど、諸説は色々有りますが不確実な物ばかりです。
本当の処は分かっていません。

日本に六曜が伝わったのは、鎌倉時代の末期から室町幕府の時代と伝えられています。
少しずつ名称なども変えられて、現在のかたちに成ったようです。

江戸時代末期には、民衆の間で使われる様に成りました。

今では、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口、と成っていますが、昔は即吉→共引→周吉→虚亡→泰安→赤口の順で繰り返されていた様です。

六曜とは、六曜の種類と呼び方

  • ●先勝(せんしょう・さきかち)
  • ●友引(ともびき・ゆういん)
  • ●先負(せんぷ・さきまけ)
  • ●仏滅(ぶつめつ)
  • ●大安(たいあん・だいあん)
  • ●赤口(しゃっこう・しゃっく・せきぐち)

以上六つの事を六曜と呼ぶ

【スポンサードリンク】

六曜の意味を確認してみましょう

先勝

「先んずれば即ち勝つ」の意味が有ります。

 万事に急ぐことが良いとされる。

「午前中は吉とされ、午後二時より六時までは凶」と言われる。

「せんしょう」「せんかち」「さきがち」「さきかち」などと読まれる。

友引

友引には「凶事に友を引く」の意味があります。

「勝負なき日と知るべし」といわれ、勝負事をした場合引き分けになる日と言われていました。

その昔は、「共引」とされており、現在のような意味は無かったものと思われます。

「朝は吉、昼は凶、夕は大吉。ただし葬式を忌む」と言われます。

物事をする際は、昼間はさけて朝や夕方が良いとされますね。

お葬式などを執り行なうと、友人がが冥土に引き寄せられるとのスラングがあり、友引の日は火葬場を休む習わしがある。

逆に(幸せのおすそ分け)と言う事で、結婚式などの引き出物などこの日に送る人も多いようです。

日本では、「ともびき」という読みが一般的となっっています。

先負

先負には、「先んずれば即ち負ける」の意味が有ります。

何事にも平静であることが良いとされ、勝負事や急な用は避けましょう。

「午前中は凶、午後は吉」とされる様です。

何か執り行う場合は、午後が良いでしょう。

読み方は、「せんぶ」「せんぷ」「せんまけ」「さきまけ」などと読みます。

仏滅

仏滅には、「仏も滅するような大凶日」の意味が有ります。

元々は「空亡」「虚亡」と言っていましたが、これを全てが虚しいと言う意味にして「物滅」と呼ぶように成りました。

これに近年になって「佛(仏)」の字が当てられたようです。

仏滅の日は、六曜の中で最も凶の日と言われています。

祝儀などは執り行わない習慣はあります。

仏滅などに結婚式などをする方は少ない様です。

他の六曜に読みが複数有りますが、仏滅は「ぶつめつ」としか読まれません。

「何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよい」とも言われるようです。

しかし『物滅』として「物が一時滅び、新たに物事が始まる」とされ、「大安」よりも物事を始めるには良い日と言う説もあります。

大安

大安には、「大いに安し」の意味が有ります。

六曜の中で最も吉の日と言われています。

何事においても吉とされ、成功しないことはない日とされ、特に婚礼は大安の日に行われることが多い様です。

しかし【大安】のこの日には、何もするべきではないと言う説も有ります。

「たいあん」が一般的な読みだが、「だいあん」とも読むことも有ります。

以前は「泰安」と書かれたため、「たいあん」が本来の読みということになる。

赤口

赤口には陰陽道の「赤舌日」という凶日に由来する。

六曜の中では名称が変わっていないのは(赤口)だけです。

午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、それ以外は凶とされる。

物事をする際は、お昼ごろが良いようですね。

この日は「赤」という字が付くため、火の元、刃物に気をつけるように伝わっています。

つまり「死」を連想されるものに注意する日とされる。

「しゃっこう」「しゃっく」「じゃっく」「じゃっこう」「せきぐち」などと読まれています。

あとがき

六曜の内容が分かったと思います。

六曜の事を調べましたが、仏教などに関係しているかと思いましたが、六曜と仏教との繋がりは一切無いようです。

神社や仏閣などて執りおこなう行事も、六曜とは全く関係なく執り行なっています。

六曜も迷信と言われていますが、現在でもカレンダーなどには記述されています。

国民の多くが信じている迷信ともいえるようです。

あまり気にせず、ふつうに過ごすのが良さそうですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ