端午の節句とは、時期はいつなの、意味や由来はどうなの?





冬の終わり、少し暖かくなる頃スーパーの催事場は一気に淡いピンクに染まりますよね。

そうそう、ひなまつり。ちらしずしにはまぐりのお吸い物、ひなあられって甘くておいしいんですよねーって浮かれていられないのが男の子を持つ親です。

そうです。ひなまつりが終わるとあっという間に子どもの日……端午の節句がやってくるんですよ。

筆者も男の子の母親としてお店がひなまつりモードになると「そろそろ五月人形出さなきゃ……」と地味に焦っています。

そんな端午の節句ですが、一体なぜ子供の日――5月5日なのでしょうか。

というか、女の子のお祝いは「ひなまつり」とお祭りムードなのに、なぜ男の子のお祝いは「端午の節句」というカタイ感じになっているんでしょう。

でも、「こどもの日」という呼び方にすると女の子も当てはまるし……はて?

それでは、端午の節句とはどういう意味なのか、その由来についてご紹介していきましょう。

【スポンサードリンク】

端午の節句の始まり

「端午の節句」とはもともと五節句(季節の変わり目に無病息災を願う日)の一つです。

ほかには「尽日(1月7日)」「桃(3月3日)」「七夕(7月7日)」「重陽(9月中旬)」の四つがあります。(ひなまつりも実は「桃の節句」という五節句の一つとなります)

もともとは「月のはじめ(端)のうま(午)の日」のことを指していたそうですが、うま(午)を「ご」と呼び、「五」と同じだという理由から5月5日に定められたといわれています。

端午の節句の歴史は古く、奈良時代からと言われています。

当時は男の子のお祝いではなく、邪気を払うために香りの強い菖蒲やよもぎを吊るしたり、お湯に菖蒲を浮かべて菖蒲湯に入ったりしていたそうです(当時は「菖蒲の節句」とも呼ばれていました)

節分のイワシの頭や冬至の柚子湯に近いものがありますね。

その後、江戸時代に菖蒲=尚武(武道を重んじるという意味)とかけ、徳川幕府は重要な式典を5月5日に定めました。

また、将軍の家に男の子(跡継ぎ)が生まれると玄関前にのぼりをたててお祝いするようになり、これが現代につながっているそうです。

端午の節句にまつわるモノ、それぞれの意味

このようにして現代の端午の節句=男の子のお祝いは始まりましたが、端午の節句と言えば何が思い浮かびますか?

五月人形に鯉のぼり、ちまきにかしわ餅などが一般的ですよね。

それでは、それぞれの由来と意味について見ていきましょう。

端午の節句にまつわるエトセトラ

  • 五月人形
  • 鯉のぼり
  • ちまき、かしわ餅

【五月人形】

五月人形とは、「端午の節句に男の子の祝いとして飾る鍾馗(しょうき)や武者人形など」と大辞林第三版に記されています。

鍾馗(しょうき)とは中国に伝わる魔除けの神様です。(端午の節句で鍾馗(しょうき)を飾るのは日本では関東中心に広まっているため、大阪在住の筆者は見たことがありません)

武者人形が身に着けている兜や鎧は武家社会から生まれた風習で、当時は身の安全を願って神社に奉納していたのが始まりだとか。

現在では兜や鎧=身を守るものとして、生まれてきた子供が病気や事故にあわないようにという願いを込めて飾るそうです。

尚、五月人形を出すタイミングですが、特に決まっていないそうです。

だいたい目安として春分の日(3月20日)から4月中旬だそうですよ。(鯉のぼりも同じ時期に出します)

ひな祭りが終わったらすぐに出さなきゃ! と思っていた筆者には朗報でした。

【鯉のぼり】

鯉のぼりは江戸時代に庶民の間から広まったそうです。

鯉は池や泥など濁った水でも生きることができる非常に生命力の強い魚です。

中国には「鯉が竜門という激流を登りきって竜になる」という意味の「鯉の滝登り」という故事があるそうです。

この故事にあやかり「どんな苦境にも耐え、元気に健やかに育ちますように」という願いを込めて鯉のぼりは飾られるようになりました。

【ちまき、かしわ餅】

端午の節句の食べ物と言えば、ちまきやかしわ餅などの和菓子が定番ですね。

……と思っていた関西人の筆者は、今回調べて衝撃を受けたんですが、え? 関東地方って「ちまき」食べないんですか?!

どうやら、東日本ではかしわ餅、西日本ではちまきが一般的に知られているそうです。(※最近は全国展開のコンビニやスーパーが増えているので西日本でもかしわ餅が主流になりつつあります)

それでは、それぞれの由来についてご紹介しましょう。

ちまき

ちまきは奈良・平安時代に中国から伝わったといわれています。

もともとは中国の詩人屈原(くつげん)が国の将来を案じて自殺した5月5日に故人をしのんでちまきをお供えしたのが始まりだといわれています。

でも、中国でいうちまきは「もち米とお肉などを一緒に甘辛く蒸したものを笹の葉などで三角に巻いたもの」です。中華料理で見かけると思いますが、どちらかというと主食、ですよね。

でも日本ではお餅が笹の葉に巻いてあるものをちまきと呼びますね。

なぜ形や中身が変わってしまったのでしょう?

少し調べてみると、日本のちまきの形が「毒蛇」に見立ててあり、食べることにより免疫をつけて疫病などから身を守る、と言われていたとか……。

確かにあの細長い形にくるくると紐がまかれた様子……毒蛇に見えなくもないですね。

ちまきには厄除けの意味が含まれているそうですよ。

かしわ餅

かしわ餅は江戸時代に日本で生まれました。

かしわの葉っぱは新芽が出るまで落ちないそうです。

そのため、家の存続を何よりも大切にする当時の武家の間で縁起がいいと評判になり江戸を中心に東日本でかしわ餅が広まったといわれています。

でも、なぜ西日本には広まらなかったのでしょうか。

実は、西日本にはかしわの葉が自生しにくく、手に入りにくかったそうです。

そのため、東日本では「かしわ餅」が、西日本では「ちまき」が端午の節句の食べ物としてそれぞれ広まったといわれています。

【スポンサードリンク】

まとめ

いかがでしたか?

今回筆者が最も驚いたのは、かしわ餅とちまきとの関係でした。

昔筆者の通う小学校では、年に一回給食でちまきが出ていました。お店でも子どもの日が近づくとちまきが売られていることが多かったので、子供の頃の端午の節句のおやつと言えばちまきでした。

でも、そう言えば大人になってからちまきってあまり見かけなくなったんですよね。

スーパーでもコンビニでも、端午の節句の時期になると並ぶお菓子はだいたいかしわ餅です。

最近では輸入品の葉で包まれたかしわ餅が4月末ごろに全国の店頭に並ぶそうです。便利になったんだけどなんだかちょっと寂しいような気もします。

今年の端午の節句には久しぶりに和菓子屋さんでちまきを買おうかなぁ……と思ったりもしました。

我が子の健やかな成長を願いつつ、今年の端午の節句は準備万端で迎えたいと思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ