畳は何時から使われたの?(畳の歴史や種類を調べてみた!)




tatami6

お雛様はの上に座ってらっしゃると思うんだけど・・・・?

何時から使われているんでしょうか?

枕草子とか読むと、板張りの上で生活してるっぽかったですけど。

お城を見学に行っても、ほぼ板張りですよね。

お殿様だけかな?

の上。

今また日本家屋ではが減ってきていますよね?

なんてものもあったり。

沢山の種類があると思いますがどのくらいの種類があるのでしょうか?

庶民まで使うようになったのはいつ頃からでしょうか。

結構近年なのでしょうか?

【スポンサードリンク】

奈良時代の畳

710年頃

存在する最も古い畳は奈良時代の畳です。

「御床畳」(ごしょうのたたみ)という木で出来た台の上に、置かれたものが、奈良東大寺の正倉院に保管されています。

現在もある畳とは若干の違いがあり、真薦(マコモ)を編んだものを5,6枚重ねて畳床とし、イグサの菰(コモ)で覆って綿の縁がつけられていました。

これを2台並べ、ベッドのように使っていました。

「古事記」にも畳の話は登場しますが、現在のござのようなものであったであろうと推測できます。

794年から1179年には畳があったようですが、それ以前はこのようにござのような扱いだったようです。

平安時代の畳

794年

この時代の畳は権力を形どるものでした。

現在のように敷き詰められたようなものではなく必要な場所にのみ畳を置いていました。

貴族の屋敷が寝殿造りになると、板の間に今で言う座布団の代わりに敷いたり、寝具として家の中のあちこちに畳が置かれました。

tatami1

鎌倉時代の畳

1192年

平安時代には座布団のような座具であったり、寝具に使われていた畳がこの時代辺りから家の中の床材に移行していきます。

時代が変わり建造物の作りが書院造になると、それまでは必要な場所にだけ置かれていた畳が部屋全体、床全体に敷かれるようになります。

この時代の畳職人は、「畳差」「畳刺」等と呼ばれるようになります。

【スポンサードリンク】

室町時代の畳

1392年

部屋全体に敷き詰められるようになった畳により、この時代のあたりから、日本固有の座り方「正座」がされるようになります。

正座も畳が部屋に敷き詰められるようになったために生まれた座り方だったのですね。

この時代の畳職人は「畳大工」と呼ばれました。

安土桃山時代の畳

1573年

安土桃山時代から江戸時代にかけて、茶道が発展し、炉の位置によって畳の敷き方も変わってきます。

この頃から徐々に町人の家にも畳が使われ始めます。

江戸時代の畳

1603年

江戸時代には役職として「御畳奉行」が作られ、武家などには大切にされ、将軍や大名には特に重要なものになりました。

tatami2

畳が町人に普及したのは、江戸時代の中頃を過ぎた頃で、更に農村では明治に入ってから普及していきました。

長屋などでは長屋を借りるものが、自ら畳を用意し、元から敷かれているものではありませんでした。

そのために畳はとても大切にされていました。

手入れをしながら長く使っていける知恵も生まれました。

それまでのイグサは野生のものを使用していましたが、本格的に栽培が始まり、江戸時代後期には畳を作って生業とする「畳職人」「畳屋」という職業としての畳職人が確立していき、庶民の家にも使用されるようになっていきます。

明治時代の畳

1868年

それまでは畳の柄などに規制がかかっていましたが、それが解除され、明治維新後に一般社会に畳は広く伝わっていきます。

tatami3

畳を干して痛むのを予防したり、畳の表が焼けてしまうと、裏に返して使うなどの知恵で、大切に使われていきます。

昭和時代の畳

1945年

高度経済成長期と共に人々の生活も西洋風になり、和室に座る生活から、椅子やソファに座る生活へと変わっていきます。

カーペットなどが普及していきますが、それでも家の中は畳の部屋が基となっていました。

現代の畳

1990年

フローリングが広く普及し、家を建てる際に和室を作ると、障子などの付属するものが必要となって、家を建てる時のコストダウンのために和室の部屋が作られないことが増えてきました。

その反面、フローリングでは部屋の中が寒い、音が響く、落ち着かないなどのデメリットが有り、再び畳が見直されてきました。

フローリングの上に置くだけの置畳や琉球畳が徐々に人気を出しています。

tatami4

科学素材なども使われるようになり、機能性も高くなって、私達が必要とすることに合わせて徐々に畳人気が復活してきています。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ