竜巻とは、原因は、ナゼ起こる【被害は甚大に成る竜巻を解明!】




最近の異常気象で、日本でも竜巻が増えました。

昔はつむじ風程度で、学校の運動場などでたまにできて、子供たちがはしゃぐっていう程度でしたが、近年日本でも竜巻による被害が増えています。

竜巻とは何が原因で起きるのでしょうか?

ナゼ日本でも起きるようになったのでしょうか。

竜巻とは、私は子供のころに「オズの魔法使い」のお話の中でしか知りませんでしたので、割とロマンチックなものだと思っていました。

まさかあんな被害が出るものだとは思ってもみませんでした。

アメリカは竜巻で有名ですが、ナゼアメリカでは竜巻被害が多いのでしょうか。

荒野みたいなところで起きているように感じます。

あの地形のどこに原因があるのか不思議です。

【スポンサードリンク】

竜巻とはなにか

竜巻とは、積乱雲や積雲に伴って発生する強い上昇気流(上空へ向かって吹く風)をもった激しい渦巻です。

雲の底から垂れ下がるように、漏斗状や柱状の雲(漏斗雲)ができ、海面や地面から巻き上げた水滴やチリや砂などが尾のように立ち上がります。

これらが繋がって、漏斗状の雲の軸がまっすぐ、または曲がりくねった形で見えるのです。

竜巻の中心付近は周りよりも気圧が低いです。

そのため、地表付近では竜巻の中心に向かってらせん状に風が吹き、中心に近づくほど急速に風が強くなっていき、上昇気流となって周囲の空気や物を巻き込みながら移動していきます。

台風や寒冷前線、寒気の流入など、局地的に大気の状態が非常に不安定な場合に多く発生します。

竜巻の発生を事前に予測し、警報をするのは現在の技術では不可能です。

しかし、現在気象庁は、竜巻などの激しい突風が発生しやすい気象状況になったお判断した場合竜巻注意情報を発表しています。

また、空の色が暗く緑がかったり、大粒のあられ、電車が通り過ぎる時のような轟音が聞こえたら、それは竜巻の兆候として注意が必要です。

竜巻のメカニズム

積乱雲の中で風の速度と方向が変化し、空気の渦が水平方向に回転を始めると、竜巻が発生します。

渦の回転は次第に垂直方向に伸び、空気の渦が雷雲に達するまで上昇していきます。

竜巻と言えば、じょうご状の雲が特徴的ですが、あの雲は実は透明なのです。

積乱雲内の湿った空気からできた水滴が凝縮したり、ちりやほこり、破壊物の破片などが巻き上げられると、雲が肉眼で確認できるようになります。

じょうご状の雲は通常、幅約200mにまで発達します。

竜巻は時速約16~32㎞の速さで移動します。

現在までに記録されている竜巻の瞬間最高速度は113㎞です。

しかし、移動距離はそれほど長くはありません。

一般的には、竜巻が10キロメートル以上移動することはまれであり、その一生は極めて短いです。

竜巻とは何か

  • 1.強い上昇気流を持った激しい渦巻である
  • 2.大気の状態が非常に不安定な場合に多く発生する
  • 3.空気の渦が水平方向に回転を始めると、竜巻が発生する
  • 4.竜巻の一生は極めて短い

竜巻の種類(1)

一口に「竜巻」と言っても、実はたくさんの種類があります。

基本的には、竜巻の発生場所と状態によって大きく二つに分けられます。

まずは、発生場所で分類されるものを紹介します。

陸上竜巻 Landspout(ランドスパウト)

通常、竜巻というとこの竜巻を指すことが多いです。

名前の通り陸上で発生する竜巻で、別名チューブ型砂塵竜巻とも呼ばれています。

水上竜巻 Waterspout (ウォータースパウト)

海上竜巻、Seaspout(シースパウト)とも呼ばれます。

水上で発生した大型のつむじ風も、水上竜巻に含まれることがあります。

空中竜巻 Funnel aloft(ファネル アロフト)

渦巻の下端が空中にあって、地上や水上についていない竜巻のことを言います。

竜巻に含めない場合もありますが、構造やメカニズムは竜巻と同じものなので、ここでは竜巻として紹介します。

【スポンサードリンク】

竜巻に似た現象(1)

冬季水上竜巻 Winter waterspout(ウィンターウォータースパウト)

冬場に水上で発生するもので、比較的暖かい水面と冷たい空気とが接して発生します。

主に雪が降っている時に起こることが多いことが特徴としてあげられます。

名前に「竜巻」とは言っているように、形状や構造はよく似ています。

しかし、元になる積乱雲などが無くても発生すると言う点で、竜巻とは発生のメカニズムが異なっています。

漏斗雲(ろうとうん)

竜巻が怒った時に発生する蜘手、竜巻の元となる雲の下部から竜巻と共に地表に向かって伸びてくるように発生します。

漏斗雲は上部が太く下部が細いため漏斗のように見えることから「漏斗雲」と呼ばれています。

これがあると見掛けがはっきりとした強い竜巻だと言う印象を受けるかもしれませんが、実は漏斗雲が発生している竜巻が強いと言う訳ではありません。

空気中の水蒸気の量によってはっきり見えるかが変わるので、姿がはっきりしている物より、煙の柱のように見える場合の方が竜巻の勢力が強いと言うことも意外と多いことが特徴です。

竜巻の種類(2)

次は竜巻の状態によって分類されるものを紹介します。

これらは、主に竜巻が複数同時に発生しているものを通常の竜巻と区別して名前を付けています。

正確には竜巻ではないが、発生の仕方、見かけなどが似ているものも下記に紹介します。

多重渦竜巻 Multiple vortex tornado(マルティプルボルテックス・トルネード)

複数の竜巻がまとまって発生している状態のことを言います。

主に大型の竜巻の周りに小型の竜巻が発生してこの状態になります。

衛星竜巻 Satellite toenado(サテライト・トルネード)

大型の竜巻の周りに発生する竜巻です。

多重渦竜巻との違いは、多重渦竜巻は大型の竜巻に合わせて動いているのに対して、衛星竜巻はそれぞれ独立しているということ。

下の写真はBridge Creek-M00re tornadeという竜巻で、1999年5月3日にアメリカのオクラホマ州のブリッジ・クリーク及びムーア・エリアを襲った非常に強力な竜巻です。

最大風速は、時速301マイル(時速484㎞)で、過去最大の風速でした。

画像右にある太い竜巻がBridge Creek-Moore tornadeで、左の方にある細い竜巻が衛星竜巻です。

竜巻に似た現象(2)

つむじ風

正式名称は塵旋風(じんせんぷう)見かけた竜巻と似ているため、竜巻だと勘違いされることが多いつむじ風ですが、実は竜巻とは全く異なる気象現象なのです。

下の写真を見るとわかるように、雲の少ない晴天時に発生する突風で、竜巻のように元になる雲の固まりはありません。

また、地表付近の空気の温度などが発生の原因なので、上空の寒気と暖気の衝突など規模の大きい竜巻と比べると、発生時の被害ははるかに小さいものになります。

例を挙げると、校庭のテントが飛ばされたり、サッカーゴールが倒れるという程度です。

なんと。このつむじ風は火星でも観測されています。

画像はアメリカ航空宇宙局(NASA)の無人探査機スピリットが撮影したもので、これにより地球以外の惑星でも気象条件が揃えばつむじ風が発生することが明らかになりました。

ちなみに、このつむじ風の最大直径は34m、移動速度は約17㎞です。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ