天気予報の始まりっていつ?【ナゼ天気予報はよく当たる?】・・・




tennki5

天気予報は最近ではテレビ局によっても違うし、気象予報士さんによっても違うって言う面白い事大になりました。

ちょっと前まではどこで見ても同じで、気象庁かな?その発表がただひとつの予報だったと思います。

何時天気予報始まったのでしょうか。

農業や漁業などの第一次産業は特に天気に左右されることが多いので、思ってるより昔からあるのかもしれません。

いつ雨がふるのか?風が吹くのか・・・。

そんなことがとても大切です。

本当の天気予報始まりは人が村や国を造り始めた頃からあるような気がしますけど。

【スポンサードリンク】

天気予報の歴史

古代

天気は人の生活の中に必ず存在し、大きく影響を与えるものであり、それを把握することはとても大事なことでした。

紀元前650年に、バビロニア人は雲のパターンから天気を予測し、紀元前340年にはアリストテレスが気象学に基づく天候のパターンを描き出しました。

tennki4

アジアでは中国人が少なくとも紀元前300年前までに天気を予測していたと言われています。

この時の予測は天候のパターンに頼るしか無く、その基準は人々の経験に基づくものでした。

例えば今でも言われている、「日没時に空が際立って赤かったならば翌日は晴れ」などもその1つです。

特に漁業者は天気予報が必要で、毎日空の様子などを観察していたそうです。

世界の動き

近代的な天気予報が発達したのは、1800年代のイギリスが最初でした。

この頃、高速な通信手段として「電報」が開発され、ほぼ瞬時に広い範囲の情報を集めることができるようになりました。

この情報のリアルタイム性は、今の天気予報を伝える方法の原点となり、有用性の高さからイギリス艦隊も使用したそうです。

その後、イギリスが気象庁を設置したのをを皮切りに、天気図を作成し、新聞で公開するなどの体制が整いました。

日本の動き

日本ではじめに天気予報が発表されたのは1884年でした。

当時の予報内容は1日3回、各県ごとでなく、日本全国を一文で表したものを、東京市内の交番に掲示したものでした。

1925年にはラジオ放送による予報が始まり、一般大衆にとってより身近な存在になりました。

その後は第2次世界大戦の関係で、一次発表が中断されましたが、終戦の2日後から、ラジオ天気予報が復活します。

1953年にはテレビ放送、1955年には電話による予報案内サービスが開始されたりと、天気予報はその当時の情報伝達媒体によって、私達の生活と深く関わってきました。

より正確な予報へ

通信と気象情報の調査技術が発達したことで、天気予報はとても身近な存在となりました。

予測方法も、過去のデータが蓄積されたことでより正確なものとなっており、これから時間が経つに連れて更に正確になっていくと見られています。

しかし、やはり大気の変化は複雑なものであり未だ的中率は80%ほどしか無いそうです。

【スポンサードリンク】

現代の予報

情報収集

各地の気象情報は陸・海・空から収集します。

★陸上

日本の各地に、気温・降水量・日照時間・風向風速・積雪の深さを計測する、アメダスとマイクロ波などを計測する気象レーダーが設置されているので、それらを使って各地の気象状況を調べます。

★海上

水温・塩分濃度・流向・流速・風向・風速・日射を計測する海洋気象ブイと海底地形・水温・塩分・水・海流・波浪・気象を観測する観測船が日本の周りの海で観測を行っています。

tennki3

tennki2

★上空

ラジオゾンデ(気温・湿度・気圧)等を使い、観測します。

tennki1

全国の役18箇所で、通常1日に2回(8時30分、20時30分)飛ばされ、上空30kmまで飛ばしながら測定します。

台風接近時などは、1日に最大4回飛ばすことがあります。

最近では気象衛星ひまわりによる宇宙からの観測も行われています。

情報の融合

集められた情報は気象庁へと送られます。

その情報を気象情報総合システムを用いて整理します。

数値予報

地球を細かい区分に分け、それぞれの地点での気象データを求めます。

不足した観測データを計算で補いながら、すべての区分にデータを与え、現在の地球の大気の状況をコンピュータ上に数値で再現し、数値予報を行います。

この時の計算は、スーパーコンピュータで行われ、短時間で多くの計算処理をします。

気象変化の型を出す

数値予報の結果を利用しやすい形にするために、数値予報の結果と実際の天気の過去の膨大な統計的なデータから、具体的な天気予報にする作業をします。

情報を公開する

予報は予測する期間により、短期予報・週間予報。一ヶ月予報・季節予報などに分けられ、新聞やテレビなどの各メディアを通して情報を公開します。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ