湖、池、沼、の違いを解説。そーだったのか、なるほど・・・・




mizuumi4

私の中では=大きい、=農業用水っぽい流れのある水たまり、=どよーんと水の流れもなくて濁ってる感じ。

思っている違いはこんなですが、本当のところどうでしょう?

違いって明確にあるんでしょうけど、今まで真剣に考えたことは無いです。

以外には魚釣りに行く感じがしますけど・・・・・。

の底には石ころじゃなくて泥がある感じもします。

先入観なんでしょうけれど。

【スポンサードリンク】

一般的な「池」「沼」「湖」の違い

湖は、潟・浦・淵・海・淡海(あわうみ)とも呼ばれたりします。

固有名詞では池・沼とともに区別されていないようです。

おおまかに区分けすると

  • 湖・・・・・湖沼のうち比較的大きなもの。水深が5メートル以上あるも
          の。
  • 池・・・・・湖ほど大きくはなく、水深が浅いもの(5メートル未満)
  • 沼・・・・・池との明確な区別は無い。

こんな感じでしょうか。

イメージとしては湖は広くて深いもの、池はため池などの人工的なもの、沼は泥沼と言われるように、水が濁った感じ、でしょうか。

湖沼学上の定義

湖沼学上は水質や温度、形成要因などによって複雑に区別されています。

日本における「池」「沼」「湖」の定義としては、厳密な区別ではないですが、次のように分類されます。

  • 湖・・・・・天然の深くて広いもの。夏に水温成層がある。
  • 沼・・・・・水深が浅く、水底中央部にも沈水植物(水草)の生育する水
          域。
  • 池・・・・・人工的に造られたもの。

 
沼と池に関しては明確な区別ではなく、両者を合わせて池沼とも言います。

湖の「水温成層がある」というのは、水面近くの水が暖められていて、底の方の水と温度差ができるということです。

およそ5メートルくらいの水深がなければ水温成層が出来ないようです。

語源の違い

池の語源は「いけ(生)」からと考えられているようです。

魚を生かしておくための池や、水田に水を供給するための「ため池」など、人工的なものを言ったようです。

mizuumi2

湖は、古くは「うみ」とも読んでいました。

大きいという意味の「う」と水という意味の「み」で「うみ」なんですが、広々と水をたたえたものを「うみ」と呼ぶわけで、湖もこれに含まれていたわけですね。

湖は「みず」+「うみ」で「水海」のことです。

いわゆる「海」と違って、淡水の水系を表していたものですね。

mizuumi

沼の語源は、「塗る」「ぬめる」「ぬるぬる」などの「ぬ」に、「間(ま)」がくっついた言葉です。

この「ま」は、「場(ば)」のことで、ぬるぬるした泥のある場所を指した言葉のようです。

mizuumi3

【スポンサードリンク】

「池」「沼」「湖」まとめ

湖は湖沼のうち、天然の広くて深いもの。

人工的なものでもダム湖のように、規模が大きくて水深が深く、水が濁っていない、中心部に草が生えていないなど、沼とは言いにくいために湖と名付けられるものもある。

比較的小規模で人工的に造られた、また管理されたもの。

水田に水を供給するため人工的な溜池が多い。

ため池は、修理や整備などの人の手による管理が不十分な場合は決壊・崩壊したり、堆積によって埋まってしまったりすることがある。

湿地の一種で、水深が5メートル以内の水域であり、中心の方までイネ科やシダ、ヨシ、ガマ、スゲなどの草があり、透明度が低いもの。

人工のものではなく、森のなかに自然にできたものですので、「池」とは違いますね。

また、「湖」のように広々とした様子でもないので、「うみ」と表現されることもなかったようです。

河童が居るかどうか

池は人口のため池などのことで、水が澄んでいて草も少なく、得体のしれないものが住んでいるイメージが無いですが、沼の場合、草が生い茂り、水も濁っているので、いかにも何かが出てきそうな雰囲気があります。

なので「河童が住んでいる」わけです。

つまり、「池」と「沼」の違いとして、「河童が居るかどうか=河童が住んでいそうな条件」というのは分類上の法則に則っているといえますね。

念の為に書いておきますが、河童は空想上の生物で、妖怪の一種です。

mizuumi5

現実には存在は確認されていません。

大体私の思ってたのが当たっていたので嬉しいです。

でも・・・河童は居ると思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ