年越しそば 由来や意味(時間やしきたりが有るの)何故そばなのか?




tosikosisoba

今年も残すところあと少し……と思ったときに浮かぶ料理の一つと言えば『年越しそば』ですよね。

「(そばのように)細く長く生きられますように」という願いを込めて食べるといわれているこの年越しそば

最近では細長いものならなんでもOKという流れで「年越しうどん」や「年越しラーメン」なども巷で見かけるようになりました。

でも、年越しそばの代わりにうどんやラーメン……それって本当にご利益あるんでしょうか?

そもそも、年越しそばを食べる意味って本当に「長く生きたいから」だけなんでしょうか。

そういえば、年越しそばっていつからあるんだろう?

ふと気になった年越しそば由来意味……調べてみるといろんなことがわかりました。

もうすぐ迎える大晦日に備えて、年越しそば由来意味についてご紹介しますね。

【スポンサードリンク】

年越しそばのはじまりはいつ?

年越しそばの起源となった出来事は、鎌倉時代にさかのぼるといわれています。

鎌倉時代に博多の承天寺と呼ばれるお寺で貧しくて年を越せない人たちにそば餅をふるまったところ、翌年に運気が上がったことがはじまりとされています。(当時はそば切りの文化がなかったので、そば粉を練って丸めて作るそば餅としてふるまったそうです)

その後、江戸時代中期にそば切りの文化が定着し、合わせて年越しそばの文化も定着したのではないかと考えられています。

年越しにそばを食べる意味とは

そもそも、なぜ年越しに「そば」なのでしょうか。

これには諸説がありますが、最も有名な理由は冒頭でも述べた「細長いそばにあやかって、細く長く生きたい」という願いからだそうです。

そして、もう一つ「そば」でないとダメな理由が「(麺系の中でも)切れやすいそばのように今年の嫌なことを断ち切って新しい一年を迎えたい」という願いもあるそうです。

なるほど。確かにそばってうどんやラーメンに比べて切れやすいですよね。

他には「金運アップ(昔の金細工師は散らばった金粉を集めるためにそば粉を用いたことから)」「無病息災(そばの木は風に強くたくましいことから)」などの願いも込められているそうです。

尚、地方によっては年越しにうどんを食べる場合もあるので、一概に「年越しはそばじゃないとだめだ!」ということではありません。

縁起物なので、そばが苦手な人はうどんやラーメンでももちろん大丈夫です。自分が食べたいものをおいしくいただいて、気持ちのいいお正月を迎えましょう。

【スポンサードリンク】

年越しそばを食べるタイミングは?

年越しそばと言えば、もう一つ気になることってありませんか?

そう。食べる時間帯です。

これ、実はそれぞれの家庭によって結構ばらつきがあるんですよね。

大晦日の夕食がおそばだという家庭もあれば、夕食を軽く済ませてから除夜の鐘をききつつそばをすするという家庭もありますよね。

最近では大晦日ランチに有名そば屋で年越しそばを、という光景も見かけるようになりました。

実は、筆者の実家では夕食後、紅白歌合戦の結果を見ながらそばをすする……というのが大晦日の夜の流れだったんですが、結婚して最初の大晦日に夫の実家では大晦日の夕食がそばだったと聞いて衝撃を受けました。

お正月に食べるお雑煮と同じぐらい、各家庭でそれぞれの決まりがあるのが年越しそばなんだなぁ、となんだか感心した記憶があります。

そんな年越しそばですが、食べる時間は実はあまり気にしなくていいそうです。大晦日中ならいつでも大丈夫。

ただし、年越しそばは『新年を迎える前には食べ終えておく』ようにしましょう。

年越しそばは「食べた年の嫌なこと(悪い運)を断ち切る」という願いを込めているので、年をまたいでしまうと新しい年の運も断ち切ってしまう恐れがあります。

※ただし、地域によってはお正月や1月中旬に年越しそばを食べる風習もあります。その地域に合わせた食べ方をするのがベストですね。

まとめ

いかがでしたか?

年末ムードになると思い出す「年越しそば」の存在。毎年何となく惰性で食べていましたが、実はいろんな意味が含まれているものだったんですね。

何となく年越しそばって31日の夜遅くに食べなきゃ……と思いがちでしたが、時間帯はいつでもいいというのにも驚きました。

大晦日の夜、夕食の片付け後におそばを作るのって何気に手間だったので、夕食にまとめてしまってもいいなら今年からそうしようかな。

切れやすいそばを噛みながら今年の嫌なことを思いっきり断ち切って、金運アップと無病息災も願いつつ今年は夕食におそばを食べようと思います。

みなさんも、今年の年越しそばを食べるときの参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ