糖尿病の症状・原因?【合併症はアブナイ、糖尿病のホント解説】




tounyoubyou

生活習慣病ともいわれる糖尿病

脂っこい食事が好きな人や運動不足な人、肥満体型な人がなりがちと言われており、何となく自己管理ができてないからなっちゃったんじゃないの? と思われがちな病気の一つですよね。

糖尿病の9割は「2型糖尿病」と呼ばれる、いわゆる生活習慣が原因で発症するタイプですが、それ以外にも何らかの原因で突然発症する「1型糖尿病」や、妊娠中に起こりやすい「妊娠糖尿病」など、生活習慣が原因ではないタイプの糖尿病もあります。

つまり糖尿病=自己管理ができていなかった、というわけではないんです。

また、糖尿病になると必ず気をつけなければならないのが「合併症」です。

糖尿病になり血糖値が上昇し続けると、様々な合併症のリスクが上がり、最終的には命にかかわることもあるそうです。

健康管理に気をつけていてもかかるかもしれない糖尿病。日本人の5人に1人は患者、もしくは予備軍と言われているそうなので、他人ごとではありませんよね。

そんな糖尿病原因、そして合併症についてこれから一緒に見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

糖尿病とは

炭水化物などに含まれる糖分は、私たちの生命活動を維持するために非常に重要な栄養素のうちの一つです。

その糖分は食事によって体内に取り込まれて、消化後ブドウ糖となって血液中から全身の細胞に取り込まれることによりエネルギー源となり私たちの体を支えています。

この血液中のブドウ糖のことを「血糖」と言い、この血糖値をコントロールするのが膵臓のβ細胞で作られているインスリンというホルモンです。

糖尿病とはこのインスリンの作用が十分でないために血液中にブドウ糖が過剰に残ってしまい、その結果血糖値が上昇してしまう症状のことを言います。

糖尿病の種類と原因

糖尿病には以下の四つの種類があります。

糖尿病の種類

  • 1型糖尿病
  • 2型糖尿病
  • 妊娠糖尿病
  • その他の原因による糖尿病

【1型糖尿病】

何らかの原因によりβ細胞が破壊されてしまい、インスリンがほぼ分泌されなくなってしまうことにより発症する病気です。

子供や若者に多いことから、以前は「小児糖尿病」と呼ばれていました(現在では大人がかかる場合もあるので、一概に子供の病気とは言えません)

【2型糖尿病】

インスリンの働きが悪くなる、分泌が少なくなるなどにより徐々に病状が進む糖尿病です。

糖尿病患者の9割がこの2型糖尿病と言われており、私たちが「糖尿病」と聞いて真っ先に思い浮かぶのはこのタイプになります。

遺伝的な体質と過食、運動不足、ストレス、肥満などの生活習慣が原因で起こることが多く、以前は中高年になってからかかりやすい病気と言われていましたが、現在ではストレス社会や食生活の乱れで若い年齢層の人でもかかることが増えてきています。

【妊娠糖尿病】

妊娠中に初めて発見された「糖代謝異常」のことです。

妊娠中は少しでも血糖値が高いと胎児に影響が出る可能性があるため、通常よりも厳しい数値での診断が行われます。

妊娠中は胎盤を作るホルモンがインスリンの分泌を抑える作用もあるため血糖値が上がりやすくなっていますが、油断すると母子ともに様々な合併症を引き起こすため特に注意が必要です。

尚、妊娠糖尿病になった人は将来的に糖尿病になる頻度が妊娠糖尿病にならなかった人の7倍と言われているので、出産後も定期的に検診を受けることが望ましいとされています。

【その他の原因による糖尿病】

ほかの病気や薬剤に伴って起こるもの、遺伝子の異常で起こるものもあります。

【スポンサードリンク】

糖尿病の症状

どの糖尿病にも共通している症状としては以下の四点があげられます。

尚、1型糖尿病の場合は短期間で発病するので特に顕著に現れます。

糖尿病かもしれないと思われる症状

  • 尿の量が増える(多尿・頻尿)
  • のどの渇き
  • 体重減少
  • 疲れやすくなる

【尿の量が増える(多尿・頻尿)】

血液中に残っているブドウ糖が尿と一緒に体外に排出されるので、必然的に尿の量や回数が増えます

【のどの渇き】

多尿・頻尿により体内の水分が減るので、その結果喉が渇き水分を欲するようになります。

【体重減少】

普段通りに食事をしていても、エネルギー源となるブドウ糖が体内で吸収されることなく排出されるので、その結果脂肪などをエネルギー源に使うため体重が不自然に減りはじめます。

【疲れやすくなる】

糖分が排出されることによるエネルギー不足で体力がなくなり疲れやすくなります。

ただし、2型糖尿病の場合病状の進行がゆっくりの場合が多く、自覚症状はほとんどないまま発病しているケースも多いため注意が必要です。

本当に怖い合併症

糖尿病が悪化するとよく言われるのが「目が見えなくなる」「腎臓が悪くなり人工透析になる」ですよね。

実際、病気による失明や人工透析の導入の原因第一位は糖尿病だといわれています。

この二つに「手足のしびれ」を加えた三点が、糖尿病による三大合併症だといわれています。

それでは、合併症について詳しく見ていきましょう。

糖尿病にかかったらまず気をつけるべき三大合併症

糖尿病による三大合併症

  • 糖尿病性網膜症
  • 糖尿病性腎症
  • 糖尿病性神経障害

【糖尿病性網膜症】

いわゆる「目が見えなくなる」症状です。長期間の高血糖により網膜の血管に障害が起きることにより徐々に視界が狭くなり、最悪の場合は失明します。

糖尿病性網膜症の恐ろしい点は、網膜の破壊が進行しても「自覚症状がほぼない」というところです。

気が付いた時にはもう手の施しようがなくなっていることも多いので、糖尿病にかかった場合は血糖値のコントロールはもちろんの事、定期的に眼科で検診を受けるようにしましょう。

【糖尿病性腎症】

腎臓の働きが悪くなることにより尿中にタンパク質が増えることから始まります。

さらに症状が悪化すると老廃物や不要物を尿と一緒に出すことができなくなり腎不全となり、最終的には尿毒症となってしまい人工的に体内の老廃物などを血液からとりだす治療(人工透析)永続的に行わなければなりません。

こちらも糖尿病性網膜症と同じく自覚症状が出たころには症状が進行していることが多いので、定期的に検査を受けて早期発見、早期治療を心がけるようにしましょう。

初期に発見して食事療法、血糖値コントロールや血圧の管理をきちんと行えばそれ以上の進行を抑えることが可能だそうです。

【糖尿病性神経障害】

上記の二点に比べてあまり知られていませんが、この神経障害も糖尿病患者に非常に多い合併症です。

初期症状は両足の裏のしびれです。よく言われるのが「素足なのに靴下をはいたような感覚」や「足の裏にもう一枚皮があるような感覚」だそうです。

その後、しびれは両手指にも広がり、またしびれが悪化することによりしびれている個所の痛みを感じなくなります。

この合併症の恐ろしいところは、痛みを感じないことにより足の指や足裏に小さな傷ができても気が付かないという点です。

しかも、血行障害や免疫力の低下によりその小さな傷から入り込んだ細菌がどんどん体内を蝕み、最終的には足指や足裏が壊死してしまい切断を余儀なくされるという点です。

壊死、切断を防ぐためには、入浴時などに自分の手足に新しい傷などがないか観察を怠らないようにしましょう。

そして、傷を発見したときは速やかに治療して悪化させないようにしましょう。

気をつけなければいけないのは三大合併症だけではない

尚、糖尿病の合併症はほとんどが「血管の病気」だといわれています。

上記の三大合併症は主に細い血管に障害が起こった際に起こる病気ですが、比較的大きな血管が障害を受けた時は命に係わる病気を引き起こすことがあります。

それが「脳卒中」「心筋梗塞」です。

三大疾病の内の二つですが、これらの病気は実は糖尿病にかかっている人のほうがリスクが高いといわれています。

まとめ

いかがでしたか?

今まで何となくぼんやりとしかわかっていなかった糖尿病。今回調べて驚いたのは、一度かかると一生治らないということでした。

そして、糖尿病を放置すると恐ろしい合併症になるという事実も非常に怖かったです。

どんな病でもそうですが、2型糖尿病の場合は特に「早期発見、早期治療」が進行を遅らせる一番の近道なので、年に一度はきちんと健康診断を受けたほうがいいかもしれません。

また、1型糖尿病の場合は突然発症することがあるので、記事内でご紹介した症状がある場合はできる限り早く医療機関にかかったほうがいいかもしれませんね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ