中年とは何歳から?【中年になると太ったりシワができるのはナゼ】




metabo

「中年」……嫌な響きの言葉ですよね。

そう思ってしまうのは筆者の年齢が中年に近づいているからかもしれませんが。

結婚して子供を産んで……そろそろ周りから見たら「中年」って言われる年齢なんだろうな、と考えると憂鬱になってしまうのも仕方ありませんよね。

でも、日本の平均寿命はうなぎのぼりに伸びているわけですし、もしかして今の時代の「中年」ってもっと上の年齢のことを言うのかも?

そもそも、中年って何歳からなんでしょう?

食事や運動に気をつけていても太るようになったら? 鏡を見た時にシワが増えていたら?

中年太りとか肌の老化によるシワとか、もうなんだか考えるだけで憂鬱になるワードばっかりですが、どうせならきちんと調べて「中年」への心構えをつけてみようではありませんか!

何歳から「中年」と呼ばれるのか。中年は本当に太るのか。シワやたるみは中年のサインなのか。

中年に関してのアレコレ、ご紹介していきます!

【スポンサードリンク】

中年の定義

厚生労働省が推進している「健康日本21」の中で、人生は以下の六つのステージに段階分けされています。

「幼年期(0~4)」→「少年期(5~14)」→「青年期(15~24)」→「壮年期(25~44)」→「中年期(45~64)」→「更年期(65~)」

これによると、私たちが普段「中年」と思っているのは「中年期」と呼ばれる時期で、45~64歳と定義されています。

中年期の特徴としては「身体機能が徐々に低下していく時期(「健康日本21」より抜粋)」とされており、身体的に老化が始まることにより太りやすくなりシミやシワが増えるようです。

尚、一般的な「中年」の定義は年齢や性別により開きがあります。

若い年齢の人にとっては40歳を過ぎれは中年と捉えることが多く、逆に年齢を重ねた女性なら50歳までは中年ではないと感じる人も多いそうです。

中年太りとは。どうして中年は太るのか

さて、では具体的に中年ならではの体の変化を見ていきましょう。

「自分は少々ドカ食いして体重が増えても、その後食事を気をつけて積極的に運動を行えば体重は戻ることが多いし体も自然と引き締まる。若い頃からずっとそうして体型を維持していたから中年太りなんて関係ない

そう思っている人って結構いると思うんです。実は筆者も最近までそう思っていました。

でも、気をつけてください。あるときふと気づくと体重が、お腹周りの肉が落ちなくなります。

ちょっと太ってきた気がするから、食事の量を減らそう。意識して体を動かそう。

そう思って若い頃と同じように食事や運動を行っても、同じようには体重もぜい肉も減らないんです。

それが「中年太り」です。

中年太りの原因で最も大きいのは老化による「筋肉量の低下」です。

私たちの体は普段運動をしていない時でも少しずつエネルギーを消費しています。

心臓を動かしたり体温調節を行ったりするときに消費されるエネルギー、これを「基礎代謝」と呼びますが実はこの「基礎代謝量」は40代から一気に減少していきます。

老化によって訪れる筋肉量の低下により、この基礎代謝量ががくんと下がってしまうのです。

その結果、今までと同じ食事、運動では痩せにくい体になってしまうのです。

【スポンサードリンク】

中年だからこそできるシワがあるって本当?!

乾燥シーズンになると増える小ジワ……。一気に老けて見えるし嫌ですよねー。

シワには保湿! とにかく保湿! とよく聞きますが、実は、中年と呼ばれる年齢にできるシワは保湿だけではなくならないそうです。

私たちの皮膚は一番表面に「表皮」があり、表皮の次に「真皮」が、その次に「皮下組織」があります。

そして、乾燥が原因で生まれるいわゆる「小ジワ」は表皮部分にだけできているものです。

このため十分な水と油(油分)で目立たなく、もしくはなくすことが可能です。

ですが、いわゆる中年と呼ばれる年齢以降にできるシワは「表皮」だけではなく「真皮」の劣化が原因で起こります。

真皮にはコラーゲン繊維、エラスチン繊維と呼ばれる繊維が張り巡らされており、これらの繊維で表皮を支えています。

そして、これらの繊維は紫外線を浴びることによって発生する「活性酸素」に非常に弱いのです。

このため、紫外線を浴びてこれらの繊維が破壊されることにより真皮が劣化し、表皮を支えることができなくなり深いシワとなって顔の表面に現れるそうです。

真皮の中の繊維が壊されているため、いくら保湿をしてもなかなかこのシワをとることはできません。

中年のシワ対策はできたものを消すのではなく、これから増やさないように予防することが必要となるようですね。

まとめ

いかがでしたか?

「中年」というイメージに対するアレコレ……実は筆者、「顔のシワなんて年齢とか関係なくできるもんでしょ?」と思っていました。

でも、中年だからこそできる「シワ」というのが存在するんですね。そしてその原因は紫外線。

冬でも紫外線は0じゃないので、UV対策は季節に関係なくきちんと行わなければならないですよね。

また、中年太りにもちゃんと理由があったんですよ。

基礎代謝量……いわれてみると最近少し落ちているような気もします。

できるだけ長く「中年っぽいな」とみられないためにも、筋肉量を増やすべくこまめな筋トレとシワ防止のためのUV対策はこれからしっかりとやっていこうと思います!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ