うどん、ひと玉のカロリーや栄養は、そばやパスタは高カロリー?

1987cdcc9e9ee8e9d1b78ac85e7f5f02_s

日本人は麺類が大好きですよね。なかでも、うどん派やそば派などいろいろあるかと思います。

手軽に美味しく食べられる、馴染みの深いうどんですが、ひと玉分のカロリーが気になったりしませんか?また、うどん栄養価ってどうなんでしょうか?

うどんの他にもそばやパスタなど、麺類の種類はたくさんありますが、ひと玉あたりのどれがカロリー栄養があるかご存知でしょうか。

今回は『うどん、ひと玉のカロリーや栄養は、そばやパスタは高カロリー?』ということについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

うどん、いろいろ種類があります

まずはうどんを知ろう

  • うどんとはどんなもの?
  • 手打ちうどんと手延べうどん
  • うどんの状態による分類

【うどんとはどんなもの?】

うどんは手軽な庶民食として、また米の代用食として古くから日本各地で食されてきたものです。

地域によって調理の方法や具材が異なったりうどんの太さや長さも違うことが多い物です。

小麦粉に食塩と水を加えてよく練り、薄くのばして細く切ります。製法の違いにより乾麺、生麺、茹で麺などに分類されます。

【手打ちうどんと手延べうどん】

手打ちうどんとは、小麦粉(一般的には中力粉が多い)で練り上げた生地を一定期間寝かせ、その後よく踏んでコシを強くさせたものです。

一方の手延べうどんは、小麦粉(薄力粉が多い)で練り上げた生地を一定期間寝かせた後、棒などにかけて何度も伸ばしたものです。こちらはコシがないのが一般的です。

【うどんの状態による分類】

チルド麺

生うどんを製麺後に熱湯で茹で、ひと玉ずつ1食分に分けたもの。茹でることで麺の熟成を止めています

丸くまとめていることから、うどんは『ひと玉』と数えるようです。

生うどん

製麺後のそのままのうどん。粉をまぶしているものもあります。

生うどんというだけあって長期保存には向いていません

半生うどん

食べる直前に熱湯で茹で、その後流水で締めたものです。

干しうどん

一般的には『乾麺』と呼ばれるものです。

冷凍うどん

うどんを熱湯で茹でてすぐ、急速冷凍したものです。

インスタントうどん

インスタント麺などがあてはまります。油であげたり、フリーズドライされています。

うどんのカロリーと栄養について知ろう

  • うどんひと玉ってどれくらい?
  • うどんの状態によってカロリーの差はある?
  • うどんの種類によってカロリーの差はある?
  • うどんの栄養って?

【うどんひと玉ってどれくらい?】

一般的にうどんひと玉は生うどんで約140g、茹で上がった状態で約250gになります。

また生うどんは100gあたり茹でる前では270kcal、茹でた後では105kcalとなります。

カロリーが減るのは、茹でたことで炭水化物やタンパク質などが湯中に流出するためです。

【うどんの状態によってカロリーの差はある?】

干しうどん(乾麺)の場合、1人分100gあたり348kcalが茹でると260gになり126kcalとなります。

生うどんと干しうどんではかなりカロリーに差がありますね。

【うどんの種類によってカロリーの差はある?】

おおよその1人分のカロリーになります。

きつねうどん・・・516kcal

カレーうどん・・・516kcal

天ぷらうどん・・・441kcal

わかめうどん・・・336kcal

かけうどん・・・330kcal

冷やしうどん・・・318kcal

生うどん(かけうどん)にいろいろとトッピングすると、かなりのカロリーになるようですね。

【うどんの栄養って?】

うどんの主な栄養素炭水化物、タンパク質、脂質が主なもので、ビタミンやミネラルにおいてはモリブデンとセレンの成分が高くなっています。他にも銅が多く含まれているのも特徴かもしれません。

【スポンサードリンク】

うどんと他の麺類を比べてみよう

意外とうどんはヘルシーです

  • そばやパスタのカロリーは?
  • うどんのメリット
  • うどんを美味しく食べるには

【そばやパスタのカロリーは?】

生そば100gあたりのカロリーは274kcalから茹でると132kcalに、干そばでは344kcalから144kcalになります。

パスタの場合も100gあたり148kcalとなり、そばやパスタよりもうどんの方がカロリーが低いと言えそうです。

【うどんのメリット】

うどんのメリットはのどごしがよく食べやすいこと、消化吸収がよいことが第一にあげられるのではないでしょうか。

糖質も多く含まれており、運動前や力をつけたい時にはエネルギーの元となるため、おススメです。

【うどんを美味しく食べるには】

一方で注意しないといけないこともあります。

食べやすいため、ついついたくさん食べてしまいがちです。また、うどんの種類や調理方法によってはカロリーが高くなってしまいます。

バランスよく栄養がとれるよう、うどんを食べる時には工夫することが必要かもしれませんね。

いかがでしたか?

わたしも麺類は大好きで、特にうどんには目がありません。

そのままだとカロリーが低くてもトッピング次第でカロリーは跳ね上がってしまうこと、これから食べる時には気をつけてみたいなと思いました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ