八重歯の原因は何故できる。抜かない方がカワイイ・・・




0eea40d3169b163b073eb7d9905eaa5b_s

みなさんは八重歯と聞くとどんな印象をお持ちですか?チャームポイントでカワイイ!と思われたり、逆に抜いたほうがカワイイ!、などいろいろあるかと思います。

八重歯も持っている人とそうでない人がいますよね。八重歯があるのとないのでは何か違いがあるのでしょうか。

また、八重歯の原因は何故できるのでしょうか。

今回は『八重歯の原因は何故できる。抜かない方がカワイイ・・・』ということについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

八重歯とは?

八重歯とは不正咬合のひとつです

  • 八重歯とは?
  • 歯並びの構造
  • 八重歯になる原因

【八重歯とは?】

八重歯とは、上の歯(上顎)の前から3番目である犬歯(上顎犬歯)が外側に出ている状態をさします。噛み合わせが悪いことから、不正咬合の一種となります。

医学用語的には『上顎犬歯の低位唇側転位』と呼ばれています。

一方で、生えている位置に異常がある歯を八重歯と定義することもあり、犬歯だけが八重歯になるとも言いきれないようです。

【歯並びの構造】

永久歯では正常は上下合わせて28本あります。親知らずを含めると32本となります。

前歯・・・歯の中心から両側2本ずつ、上下合わせて計8本

犬歯・・・前歯の隣の尖った歯、上下合わせて計4本

小臼歯・・・犬歯の隣の両側2本ずつ、上下合わせて計8本

大臼歯・・・小臼歯の奥両側2本ずつ、上下合わせて計8本(親知らずがあると両側3本ずつで計12本)

犬歯は歯の中でも最も寿命が長い歯であると言われています。また、歯の位置的にも噛み合わせとしても最も重要な歯になります。

【八重歯になる原因】

おおよそ6歳くらいで乳歯から永久歯に生え変わります。

永久歯が生える順番は、第一大臼歯(六歳臼歯)→前歯→小臼歯→犬歯→第二大臼歯 であることが多いです。

すべて永久歯になるのはだいたい12~13歳で、そのうち犬歯は11~12歳と比較的遅い時期になります。

犬歯が生える時期にはすでに他の歯で生えるスペースが確保できなかったりあごが狭いと正常な歯並びで生えることが難しく外側にはみ出た形で生えることとなり、八重歯となってしまうのです。

八重歯のメリットとデメリットとは?

どちらかというと、デメリットが多いようです

  • 八重歯のメリット
  • 八重歯のデメリット
  • 医学的にみた八重歯のデメリット
  • 八重歯は予防できる?

【八重歯のメリット】

日本では八重歯はカワイイ特徴のひとつと考えられています。芸能人でも八重歯がチャームポイントの方がいますよね。

他にも、笑った時にみえる八重歯が愛くるしさを感じさせ、無邪気な印象を与えます

表情の可愛らしさから、なんだか放っておけないような雰囲気も醸し出しているように感じますね。

【八重歯のデメリット】

日本ではカワイイとされている八重歯ですが、じつは海外では考え方が異なります

海外ではキレイな歯並びが美人の条件とされているようなところがあり、日本と比べても矯正をして歯並びをキレイにしていることがよい風潮があるようです。

また、キリスト教圏では不吉な、悪魔のようだとされることがあり、中国などでは縁起の悪いものと考えられているようです。国や思想によってとらえ方が全く異なっているのですね。

しかし最近では、日本の文化も海外に受け入れられるようになっており、昔ほどの偏見といったものは減ってきているようです。

【医学的にみた八重歯のデメリット】

医学的にみると、八重歯はデメリットが多く、中には深刻な問題も出てくるようです。

【スポンサードリンク】

虫歯になりやすい

八重歯があることで歯を磨きにくく、口腔内が不潔になってしまうことがあります。磨きにくさから虫歯を作ってしまうことがあるのです。

そして虫歯を治したとしても、歯を磨きにくい状況に変わりがないので、再度虫歯になる可能性は高いです。

歯周病や口臭の悪化も考えられるため、丁寧な歯磨きを行うことがとても重要になってきます。

口腔内・唇を傷つけやすい

犬歯という歯の性質上、尖っているため八重歯のある場所によっては口腔内や唇を傷つけることがあります。その結果として口内炎がおきたりします。

他の歯や歯茎への負担が大きい

本来なら犬歯は最も強い歯なのですが、八重歯で外側にあることで歯の力の分散が通常と比べ、弱い歯にも力がかかってしまうことになります。

口呼吸になり、口が閉じにくくなる

八重歯があることで口が閉じにくくなります。結果として口呼吸になりがちですが、口を開けている時間が長くなると細菌が繁殖しやすくなります。

これらの問題を防ぐためには、歯列矯正をして正しい歯並びにすることが賢明なようです。でも、歯列矯正はお金もかかりますし、そう簡単にできることではありません

【八重歯は予防できる?】

小さいうちから歯の環境をよくすることきれいな歯並びをつくることは難しくありません

八重歯は右側よりも左側に多いようです。これは、利き手が右側に多いことが関係しているとされています。

しっかりと左右の歯で偏りなくよく噛んで食べること、さらに固いものを食べるようにすることがあごの骨を丈夫にし、しっかりとした骨格を作り上げることで八重歯を予防できるようです。

いかがでしたか?

実はわたしも左側に八重歯があります。確かに若い時はその八重歯、カワイイと言われたこともありました。

八重歯の存在自体は悪くないのですが、虫歯ができやすいなどのトラブルが多いことの方が問題なのかなと思います。

八重歯があっても虫歯のないキレイな歯並びで、そして笑顔がいいことが『カワイイ』につながるんだろうなと感じました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ