ヨガの効果が凄かった!女性がヨガをする理由が〇〇だった!!




流行ってますよね~っていうかもうすでに国民のスポーツ。

ジョギングのように生活に入り込んでいますね。

美容にも健康にも効果が期待できるヨガ

凄く女性に支持されています。

凄い効果ってどんなのでしょうね?

皆さんが支持するのですから女性にとってとても良い、凄い効果があるのでしょうね。

私も呼吸法あたりから始めてみようと思っています。

ヨガに対するイメージを払しょくする女性が現れました。

その方の話を交えて紹介します。

【スポンサードリンク】

「フライドポテトもヨガも大好きよ!」ある女性のSNSが世界中から人気を集める

Hi, I’m Jessamyn. I’m in love with yoga.
(私、ジェサマインよ。ヨガが大好きなの!)

浜辺で、印象的な白い水着を身に着けて見事な”逆転のポーズ”を取っている女性。

今、彼女の何気ない行動が、世界中に勇気を与えているのです。

いわゆる「プラスサイズ」の彼女は、自分が大好きなヨガも、それ以外のことも、目いっぱい楽しんでいます。

「ヨガをやってる人たちって、”こういう風に、おしゃれになるべき”、”私の人生って本当に最高!”、”私って素敵でしょ!”こんな感じ。でも、ヨガはおしゃれぶるためにやるものじゃない。私はチーズたっぷりのフライドポテトも食べるし、ヨガだってするのよ」

たったそれだけのことですが、彼女の姿に世界中の人々が共感しているのです。

ヨガとの最悪な出会い

ジェサマイン・スタンレーさんは、16歳の時におばさんに誘われてビクラム・ヨガのクラスに参加しました。

しかし、その時間は彼女にとっては

「HELL.ON.EARTH.(この世の地獄!」と言いたくなるほどにひどいものだったそう。

その後の数年間は「アンチヨガになっていた彼女。

しかし2011年、大学院に通っている間、友人に誘われ、不承不承ながらも参加することにしました。

そのクラスでの時間は素晴らしく、彼女は満足できる練習方法を知り、興味を惹かれ、・・・ヨガの精神的なスタンスや考え方に好奇心をいだくようになったのだとか。

【スポンサードリンク】

いつの間にか・・・大人気に!

ノースカロライナ州ダーラムに引っ越してからは、自宅でヨガの練習をするようになったジェサマインさん。

ビクラムヨガを構成する26個のポーズの中から、お気に入りのものを選んでポージング。

その写真をInstagram に投稿しているうちに、いつの間にかフォロワーは8万4千人を超えていました。

今では、様々な場所に出かけてヨガを教える先生となったジェサマインさん。

ジェサマインさんの写真からは、のびのびとして、自由な空気を感じ取ることが出来ます。

ヨガをやるのに、モデルのような理想的な体系である必要なんてないと言うジェサマインさん。

「ネガティブなエネルギーや考えを体に贈ったらダメ。それよりも、プラスサイズヨガから教わることもたくさんあるはず。今までの人生で積み重ねてきた、取るに足らない物事を全部きれいにして、自分自身を見つけ出すこと!それが大切なことよ。」

見た目の美しさばかりを気にすることなく、彼女のように自分らしさを楽しむ生き方を目指したいものですね。

ヨガとは

ヨーガは、古代インドに発祥した伝統的な宗教的行法で、心身を鍛錬によって制御し、精神を統一して古代インドの人生究極の目標である輪廻転生からの「解脱(モークシャ)」に至ろうとするものである。

ヨガとも表記される。

漢訳は瑜伽(ゆが)。

世界的に流行しているフィットネス的なヨーガは宗教色を配した身体的なエクササイズとして行われているが、本来のヨーガはインドの諸宗教と深く結びついており、バラモン教、ヒンドゥー教、仏教、ジャイナ教の修行法でもあった。

現代ではインドのカトリック教会でもほーがが取り入れられ、クリスチャン・ヨーガとして実践されています。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ