座椅子は腰痛にワルイってホントなの?姿勢が良くなる座椅子・・・




zaisu2

よく聞きますよね。

座椅子に座ると姿勢悪くなって腰痛になるって。

実際私も座椅子に座ってて、背中の部分が背もたれにめり込んで、猫背になって姿勢悪くなり、腰痛を引き起こしたことがあります。

最近では考えられた座椅子もできていると思うんですけどね、

姿勢を正しく保つのは結構難しいかもしれません。

背もたれがあるとどうしても持たれてしまいますし、どんどん滑って半分寝てるようになったりして、これまた腰痛が・・・というのもあります。

【スポンサードリンク】

腰痛の人が座椅子を使うのはあまり良くない

腰痛を持っている方で座椅子を探している人は多く居ます。

ここを訪れたあなたも座椅子を探す一人ではないでしょうか?

しかし・・あえて言わせてもらうと、腰のことをしっかりと意識した座椅子を選ばないかぎり、座椅子に座ること自体あまりいいこととは言えません。

zaisu3

このことはしっかり意識しておくことが大切です。

なぜ腰痛持ちのあなたに座椅子をおすすめできないのか

なぜ座椅子に座ることがあまり腰に良くないのかわかりますか?

座椅子に座る時にどのような姿勢になるかちょっと想像してみてください。

座椅子に座る時は「足を投げ出す」か「あぐらをかく」かしていませんか?

この格好がポイントです!!

足を前に投げ出したり、あぐらをかいたり、航した姿勢が腰にいいものではないのです。

なぜ足を前に投げ出したり、あぐらをかいたりする姿勢が腰に良くないのかわかりますか?

それは、腰が曲がってしまうからです。

足を前に延ばした状態で背筋だけはしっかり伸びている人って居ませんよね?

背筋をピンと延ばした状態であぐらを書き続ける人ってあまりいませんよね?

zaisu5

座椅子を使用すると足を前に投げ出したり、あぐらをかいたりして座ることになりますが、それによって自然と腰が曲がってしまっているのです。

通常の座椅子の場合、座面と床・畳がほとんど差がないため、投げ出した足、もしくはあぐらをかいた足の膝が腰よりも上の位置に来るため、どうしても腰が曲がってしまうのです。

それ故に腰を気にするあなたに座椅子をおすすめできないのです

また、最近の座椅子の中には快適さを主張したいがために背中を丸めた状態で寝転がるような物が沢山あります。

zaeisu1

そして、こうした座椅子に人気が集まっています。

でも、この快適さのみを主張して腰を曲げて座る座椅子を利用すると、背中が丸まった状態で座り続けることになります。

結果として余計に腰を炒めてしまう可能性があるのです

何も知らずに座椅子を選ぶと、

「なんとなくよさそう」

こんな気持で選んだ座椅子があなたの腰を更に痛めてしまうかもしれないのです。

だから、腰痛を気にする人には座椅子を積極的にすすめることが出来ないのです。

・・・とは言うものの、どうして座椅子を使わなければならない?という場合、居間が畳だったりして、どうしても座椅子に座らなければならないという人も少なくありません。

あなたもそうしたことからできるだけ腰に負担がかからない座椅子をお探しなのでは無いでしょうか?

【スポンサードリンク】

すぐに座椅子を交換できない時のための応急対策!

ちなみに腰のことをしっかり考えた座椅子はほしいけれど、最近購入したばかりなのでまた新しいのに取り替えるのは・・・息子さんや娘さんからプレゼントされた座椅子なので居間交換するのはちょっと・・・という場合もあるかと思います。

そんな場合、ぜひやってほしいことがあります。

それが・・・・・

座椅子を使うときには、少し腰が高い位置にあるようにすることです。

具体的には座布団のようなものを座椅子の座面に1枚敷いてその上に座る方法です。

本来ならば座面が少し高い座椅子を利用することがお勧めなのです。

でも、どうしても座椅子を買えられない倍にはこのような方法がおすすめです。

座布団を敷いた分だけ腰が高くなり、腰への負担が少なくなるからです。

多少なりとも椅子に座っている感覚に近くなり、足全体が腰よりも低い位置に来ることで、腰への負担が減るのです。

※ただしこの方法は、座布団がずれてしまうと意味が無いので気を付けてください。

また、在スリ座るのと少し違いますが、畳やカーペットの上に座って生活している場合には、座椅子に座り続けるのではなく、正座するのもおすすめです。

なぜ正座をすることがおすすめなのかわかりますか?

実際に正座で座ってもらえばわかりますが、あぐらをかいたり、足を延ばしたりするより比較的容易に腰を延ばすことが出来ますよね。

正座をした段階では多少腰が曲がっていたとしても、意識すれば簡単に背筋を延ばすことができるはずです。

背筋を伸ばして座ることができるので正座がお勧めなのです。

・・・・とは言え、長いこと正座を続けるのは辛い!お考えになるかもしれませんね。

そんな場合はあまり無理をしてほしくありませんし、すべきでもありません。

あくまで足を投げ出したり、あぐらをかいたりする座り方と比べて腰に負担の掛からない座り方として正座をお勧めしているだけです。

腰のことを考えて無理して正座をした結果、他のところに問題がでてしまっては元も子もありません。

ぜひ無理をしない範囲で正座をすることをおすすめします。

最後に少しだけまとめさせてもらいますと、・・・

座椅子を使うにしろ、正座をするにしろ、ポイントとなるのは背筋を延ばすということです。

腰を気にする場合はぜひ、背筋を延ばすことを意識してみてください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ