雑談の意味とは?雑談力って大事だよね・・雑談苦手な人は参考に!




雑談と言えば主婦の趣味!っていうか欠かすことのできないスキルですね。

雑談力わかります。

雑談面白い人と面白くない人居るし、話のキャッチボールのできる人とできない人がいますよね。

だから苦手な人はすすすーーーっと居なくなったり。

どうしても人の輪に入れなくてちょっと遠巻きに見てたりしますよね。

でも雑談意味って大切な情報源だったりするし、人間関係において、特に大人になってから、ヒトと親しくなるには雑談くらいしかないんですよね。

いきなり知らない人に深い話をすることも出来ませんし、雑談でなんとなく人となりを探るっていうのは大切なことだと思います。

もちろん雑談意味は相手を探ることっていうこともあります。

そして苦手な人を発見するっていうね!

そして雑談力の高さは戦力の高さでもあると思います。

【スポンサードリンク】

口下手でもOK「雑談力」高める3つのステップ

雑談を盛り上げるには「話術が巧みで話題豊富でないと」と考える人は多い。

だが、口下手営業員の研修を専門としているサイレントセールストレーナーの渡瀬謙さんは「それは誤解」と話されます。

会話が苦手なら、相手の話にしっかり耳を傾ける。

質問を繰り返しながら相手に話してもらい、本音を引き出そう

こちらの話を求められたら、急がなくてもよいから、よく考えてきちんと答える。

「その方がかえって信頼感に繋がることも多い」と渡瀬さんは見ています。

とはいえ、その場が暗い雰囲気では相手も話しにくい。

人気美容師はお客との雑談を盛り上げるプロだが、そんな人たちも「この人と話したい、と思わせる雰囲気は自ら作っている」と山野美容専門学校の副校長、土屋信介さんは指摘されます。

話しやすい雰囲気づくりのためには、大きく口を開け、腹式呼吸で発声する練習や、思い切り笑顔を作り、表情筋を動かすトレーニングが有効だと言います。

リラックスのための体操も効果的

息を吸いながらから体にぐっと力を入れ、吐きながら体を弛緩(しかん)させる。

出勤や訪問の前に試すと気分も盛り上がります。

質問のネタは事前に準備しておくといい

先方の会社のホームページはもちろん、ブログやツイッター、フェイスブックなどで相手のことを調べておけば、初対面でも安心して会えそうです。

「営業の達人ほど準備を念入りにする。訪問途中、駅や街並みを観察しながらネタを集めたりもしている。」

実際に雑談するときはどうふるまえばいいのだろうか

書籍「雑談力」の監修者でメンタルヘルスに詳しい武藤清栄さんは「営業や打ち合わせの場では出来れば正面ではなく、はす向かいの席に座ると話しやすい」と助言します。

ただし、上半身はしっかり相手に向ける。

目線は目より口元周辺を見るとお互いリラックスしやすい。

「気後れしてうまく言葉が出てこない場合は、その気持ちを言葉にしよう。こちらが素直になれば、先方も心を開いてくれるのでは」(武藤さん)。

「今日は少し緊張しております」

「ご多用中、ご迷惑かとも思ったのですが」などだ。

【スポンサードリンク】

雑談の糸口として相手の時計やネクタイなど、身の回りの物を褒めるのは常道です

ただ渡瀬さんは「むやみにほめるとわざとらしい感じもする。お世辞を並べるより『珍しい文字盤ですね』などと感想を述べた方が自然では」と話します。

相手の答えから時計へのこだわりを感じれば「一番お気に入りの時計は」などと、話を掘り下げればいい。

とはいっても、あくまで「空気を読みながら」が鉄則。

立ち入ったことを聞いて、嫌がられないようにしたい。

先方が違和感を抱いているようなら「ところで」と話題を変えましょう。

窓の外の景色を話題にしてもいいし、本棚の専門書について尋ねてもいいでしょう。

途中、会話が途切れても、焦る必要はありません。

渡瀬さんは「沈黙を大切にして」と言います。

何かを伝えようと言葉を探しているのかもしれないし、考えを深めているのかもしれない。

自分の言葉で遮らず、堂々と待ちましょう。

雑談の目的は互いの心を開き、信頼関係を作ることです。

そのカギとなるのは「リアクション」です。

話に共感し「よかったら、あなたのことをもう少し教えてください」と興味を持つ。

「時々相槌を打ち、共感を示すことも大切」と武藤さん。

自分から一歩。相手に歩み寄る気持ちがあれば、別れた後、心地よい印象を残せるに違いありません。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ