梅雨の体調不良で頭痛になる理由を調べる。調べるとなるほどだった。




e490160decba66f3c8ef6c7dc48da318_s

梅雨のじめじめした時期になると、なんだか体がだるい・頭が痛い、体がむくむ等の様々な体調不良を訴える人が多くなります。

朝から頭痛なんかが続くと集中力に欠け、仕事もはかどらずイライラ。そのことがストレスの要因になる等の悪循環が生まれますよね。

なぜ梅雨の時期は体調不良を訴える人が多いのでしょうか?

【スポンサードリンク】

 

梅雨に起こる体調不良の原因

梅雨におこる体調不良の原因として主に下記の2つがあげられます。

  • 季節が変わることによって引き起こされる「季節病」
  • 気温や気圧の変化によって引き起こされる「気象病」

【季節病】

どちらも似ていますが、季節病はそれぞれの季節の変化で不調が引き起こされることを指します。

【気象病】

気象病は低気圧などの気圧や気温が変化するときに起こることを言います。

梅雨の時期は天候の変化、気温の変化、気圧の変化などで季節病と気象病のダブルパンチにあい、体調不良がおこりやすくなるというわけです。また、低気圧は自律神経の乱れにもつながります。

今回は梅雨の時期におこる体調不良の中でも特に多い「頭痛」について調べてみました。

梅雨の時期に頭痛が起こる理由とは?

頭痛にも様々な種類があるそうですが、その中でも低気圧などの気圧変化によって引き起こされやすいのが片頭痛だそうです。

片頭痛とは?

片頭痛はストレスや環境の変化などによって脳内に大量に放出されるセロトニンという物質が血管を収縮させ、その影響で脳の神経が圧迫されるなど、様々な負の連鎖によって引き起こされます。

気圧はそのセロトニンのバランスを不安定にさせるため、片頭痛がおこりやすくなるというわけです!

とは言え、仕事を休んだり、お出かけや家事を中止することはなかなか難しいですよね。

今日も明日も梅雨に負けず頑張る皆さまのために、頭痛対策をご紹介します!

【スポンサードリンク】

頭痛にならないための対策

頭痛対策のうち、普段の生活で取り入れやすいものをご紹介します。

  • 冷たいものを摂りすぎない
  • コーヒーや紅茶など、カフェイン入りのドリンクを飲む
  • お風呂にゆっくり浸かる
  • ストレッチや軽い運動をする

【冷たいものを摂りすぎない】

冷たいものは血管を収縮させるので、頭痛の引き金になります。暑い日についつい冷たいものを摂りたくなりますが、頭痛対策のため、常温などの飲み物を飲むようにし体を冷やさないようにしましょう。

【コーヒーや紅茶など、カフェイン入りのドリンクを飲む】

コーヒーや紅茶などのカフェイン入りの飲み物は血管を広げる役割があるので、休憩の時などリラックスしたいときに飲むのがおすすめです。ただし飲みすぎは逆効果ですので注意してください。

【お風呂にゆっくり浸かる】

お風呂にゆっくり浸かることは、リラックス効果と血管を広げる効果があるので一日の締めくくりにぜひお風呂にゆっくり浸かって疲れと頭痛を癒しましょう。

【ストレッチや軽い運動をする】

ストレッチや運動でリフレッシュすることで自律神経の乱れを防ぎます。また、適度に汗をかくことでむくみ防止にもなります。梅雨の時期は体に水がため込みやすいので、ホットヨガなどで汗をかくことは非常におすすめです。

いかがでしたか?この記事が悩める皆さまの少しでもお役にたちますように。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ